車格感あるデザイン!日産シーマの買取価格の査定相場

日産シーマの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
7,646,400円~ 全長5,120mm×全幅1,845mm×全高1,510mm 16.6km/L
排気量 最高出力(エンジン) 最大トルク(エンジン)
3.498L 225kW(306PS)/6,800r.p.m. 350N・m(35.7kgf・m)/5,000r.p.m.


日産シーマは高級4ドアセダンです。日本市場での日産ブランドだけでなく、海外市場におけるインフィニティブランドのフラッグシップモデルとしても位置付けられています。

現行モデルからハイブリッドシステム搭載車のみのラインナップとなっています。





モデルの変遷


日産シーマの歴代モデルの大まかな変遷を紹介します。

初代(FPY31型)モデル

日産シーマ
日産シーマの歴史は古く、初代モデルは1988年に登場しました。デビュー当時はトヨタ・クラウンのライバル車として注目を集めていました。セドリックやグロリアと同じプラットフォームを使用して製造されていました。

ジャガー・XJを想像させるようなデザインと動力性能の高さから人気を集めていました。


2代目(FY32型)モデル

日産シーマ
1991年に2代目シーマが登場しました。後席居住性とボディ剛性において有利なセンターピラーを持つ一般的なセダンスタイルに変更されました。

1993年からVG30DET型V型6気筒DOHCターボエンジンを搭載する「ツーリング」シリーズが新たに追加されることになりました。


3代目(FY33型)モデル

日産シーマ
1996年から3代目モデルの販売がスタートしました。先代モデルのデザインから大きく変更され、メルセデス・ベンツ・Sクラスのようなエクステリアとなりました。

翌年の1997年には10周年記念車「10thアニバーサリー・グランドツーリング30リミテッド」と「10thアニバーサリー・41リミテッド」が発売されました。


4代目(F50型)モデル

日産シーマ
2001年から4代目モデルが登場しました。新開発の新世代LLクラスプラットフォームが採用されることになりました。VQ30DET型V型6気筒DOHC2987ccターボとガソリン筒内直接噴射システム「NEO Di」を採用したVK45DD型V型8気筒DOHC直噴4494ccの2種類のエンジンが用意されていました。

2003年のマイナーチェンジでは、2WD車のフロントグリルなど内外装の一部変更、「インテリジェントブレーキアシスト」「前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト」「アクティブAFS」などを導入することによって安全装備が大幅に向上しました。

2010年8月にプレジデントと一緒に生産終了となりました。


5代目(HGY51型)モデル

日産シーマ
4代目モデルの生産終了後、約1年9ヶ月が経過した2012年5月から5代目モデルの販売がスタートしました。この5代目モデルからガソリンエンジン車は廃止され、ハイブリッドシステム搭載グレードのみとなりました。

エンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」の証として、ハイブリッドカーを示す「PURE DRIVE / HYBRID」エンブレムが装着されています。





現行モデルの特徴

日産シーマ

グレード

標準グレードの「HYBRID」、装備が充実した上級グレードの「HYBRID VIP」、最上位グレードの「HYBRID VIP G」がラインナップされています。


外観・室内

ロングノーズによる美しいプロポーションとなっています。威厳と洗練が上手く調和したフロントマスクから続くデザインは高貴な存在感を与えます。

室内空間に関しては感性に豊かに響く匠の技とおもてなしの機能が備わっています。フォレストエアコンでは、アロマディフューザーやゆらぎ風、湿度制御機能、高性能フィルターによる心地よい空気を生成してくれます。


走行性能

優れた走行性能とクラストップレベルの環境性能を実現するハイブリッドシステムが搭載されています。さらにインテリジェント・デュアルクラッチコントロールによって変速時の高速で精密なモーター制御が可能となり、レンスポンスの良いドライビングを実現します。

燃費性能に関しては、JC08モードで16.6km/Lの数値を達成しています。





日産シーマの買取査定相場


日産シーマの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2013年 HYBRID VIP G シルバー 2万~3万km 3,880,000円
2012年 HYBRID VIP グレー 2万~3万km 2,850,000円
2012年 HYBRID ブラック 3万~4万km 2,720,000円
2010年 450VIP シルバー 7万~8万km 734,000円
2007年 450XV ゴールド 5万~6万km 324,000円
2005年 450XV ホワイトパール 4万~5万km 152,000円
2004年 450VIP ホワイトパール 8万~9万km 165,000円
2003年 450XV 9万~10万km 50,000円以下
2001年 450XV ホワイトパール 8万~9万km 230,000円





モデル別の買取相場傾向


日産シーマのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(HGY51型)

現行モデルのシーマは中古車市場でも非常に高値で取引されています。前期タイプでも200万台後半、さらに高年式の場合は400万円以上の値が付くこともあります。


先代モデル(F50型)

現行モデルと比較して先代モデルの平均買取相場は大きく値崩れをしています。後期タイプなら60万円~90万円くらいが平均相場となっています。前期タイプの場合は10万円~30万円くらいが平均相場です。


3代目以前のモデル

3代目以前のモデルは中古車市場ではほとんど価値がなく、大半の車両は底値から20万円くらいの範囲なで取引されています。





口コミ・体験談


実際に日産シーマを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


車検が近づいてきた先代モデルのシーマ(450XV)を手放そうと思い、スマホから買取査定を申し込みました。日頃は電車通勤で休日くらいしか乗っていなかったので走行距離が5万kmにも達していないということもあってプラス評価をして頂き、42万円で買い取ってもらうことができました。20万円くらいが良いところだと勝手に想像していたので驚きましたね。(51歳・静岡県)


10年以上シーマに乗っていて、そろそろ新しい車に乗り換えようと考えていました。ネットで一括買取査定サービスの広告を見つけて、無料で査定が受けられるということで試しに申し込んでみました。複数の業者から査定を受けるのは何か気分が良いものですね!複数の業者の中から一番高い金額を提示してくれたところに売却するというシンプルな仕組みになっているのが便利だと思います。最終的に27万円の金額を提示してくれた業者に売却することにしました。(56歳・大阪府)





まとめ


日産シーマの新車購入価格は700万円を超えるので買取査定でも非常に高値で取引されています。しかし高値で取引されているのは現行モデルのみで、先代モデル以降は大きく値を下げています。

そのため、少しでも高く買い取ってもらうためには複数の買取専門店に査定を依頼して一番高く買い取ってもらえるところに売却することが得策です。


現行モデルのハイブリッドシステム搭載車は非常に高値で買い取ってもらえますよ!






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

これで損はしません!愛車を一番高く売る方法を紹介

車を一番高く売る方法
車を売却する方法はディーラーに下取りに出す方法だけではありません。

買取専門店に査定を依頼する方法や個人売買、オークションで売却することもできます。

下記のページにおいて、これらの中で一番高く売ることができる方法を詳しく解説しています。

後悔せずに少しでも高く愛車を売却したいのであれば、ぜひ参考にしてください^^