大型高級セダン!BMW・7シリーズの買取価格の査定相場

BMW・7シリーズの基本スペック

新車価格帯 サイズ 燃費
12,050,000円~ 全長5,110mm×全幅1,900mm×全高1,480mm 12.2km/L
排気量 最高出力 最大トルク
2.997L 240kW(326PS)/5,500r.p.m. 450N・m(45.9kgf・m)/1,380-5,000r.p.m.


BMW・7シリーズは1977年から販売がスタートした歴史ある大型高級セダンです。

新車購入価格に関しては、一番リーズナブルなグレードでも1,000万円オーバーとなっています!





モデルの変遷


BMW・7シリーズの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(E23)モデル

BMW・7シリーズの初代モデルは1977年に誕生しました。日本国内においては当初はバルコム・オート・トレイディングが輸入を担当していましたが、1981年からはBMWジャパンが輸入を実施しています。
ちなみにライバル車はメルセデスベンツ・SクラスレクサスLSなどとなっています。


2代目(E32)モデル

BMW・7シリーズ
1986年から2代目モデルが登場しました。この2代目モデルからV型12気筒エンジンが搭載されることになりました。

ボディー形状に関しては初代モデルよりもスマートになり、洗練された印象です。


3代目(E38)モデル

BMW・7シリーズ
1994年から3代目モデルが登場しました。1996年にはトランスミッションが変更になり、全グレードにマニュアルモード付きのステップトロニックが搭載されました。

1998年にはフェイスリフトを実施しました。さらにV型8気筒モデルにはエアロパーツやスポーティーなインテリアのMスポーツ仕様が追加されました。


4代目(E65/E66/E67/E68)モデル

BMW・7シリーズ
2001年から4代目モデルが登場しました。先代モデルよりもボディサイズが拡大していますが、空気抵抗係数(Cd値)は0.29を達成しています。

4代目モデルでは特徴的なヘッドライトや新開発バルブトロニック搭載エンジン、さらには革新的な操作系のインターフェイス「iドライブ」などが取り入れられています。


5代目(F01/F02/F03/F04)モデル

BMW・7シリーズ
2009年から5代目モデルが登場しました。F01はノーマルのホイールベース仕様、F02はロング・ホイールベース仕様、F03は防弾仕様、F04はハイブリッド仕様となっています。

デザイン的には先代モデルよりも保守的になり、L字型のリアコンビネーションランプが復活しました。

2012年9月にフェイスリフトが実施され、全グレードで8速ATが搭載されました。


6代目(G11/G12)モデル

BMW・7シリーズ
2015年から6代目モデルが登場しました。G11はノーマルのホイールベース仕様、G12はロング・ホイールベース仕様となっています。

炭素繊維技術を活用したボディ構造「カーボン・コア」を採用することによって従来モデルと比較して最大130kgの軽量化を実現しています。





現行モデルの特徴

BMW・7シリーズ

グレード

「740i」「740i M Sport」「740Li」「740Li M Sport」「750i」「750i M Sport」「750Li」「750Li M Sport」がラインナップされています。


外観

起伏と曲線を巧みに融合させた躍動的なプロポーションとなっています。前へ突き進むようなフロント・フェイスと伸びやかなサイド・ビュー、そして力強さに満ちたリヤデザインが特徴的です。

また、フロント・デザインにはアクティブ・エア・ストリームを活用したキドニー・グリルが導入されています。


室内

前席・後席に関係なくラグジュアリーな雰囲気の中で心地よい快適さを感じることができます。運転席では手の動きだけで特定の機能が簡単に操作ができるBMW ジェスチャー・コントロールが採用されています。

さらにスピーチ・コントロール(音声入力システム)や、iDriveコントローラー、10.2インチの高解像度カラー・ワイド・ディスプレイなど、さまざまな最新技術が導入されています。


走行性能

「750i」や「750Li」には V型8気筒 BMWツインパワー・ターボ・エンジンが搭載されています。卓越したレスポンスと優れたパワーによって快適なドライビングが可能になっています。

「740i」や「740Li」には新開発の直列6気筒 BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載されています。優れた走行性だけでなくエンジン環境性能にも配慮しています。





BMW・7シリーズの買取査定相場


BMW・7シリーズの買取相場を依頼して実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2015年 740i シルバー 1万~2万km 4,520,000円
2014年 アクティブハイブリッド7 ホワイト 2万~3万km 3,850,000円
2012年 740i Mスポーツパッケージ ホワイト 3万~4万km 3,459,000円
2011年 740i サミットエディション ブラック 0~1万km 3,922,000円
2011年 750i Mスポーツパッケージ ホワイト 2万~3万km 3,116,000円
2010年 750Li Mスポーツパッケージ ブラック 7万~8万km 2,689,000円
2010年 740i ブラック 1万~2万km 2,639,000円
2009年 750Li グレー 5万~6万km 2,067,000円
2009年 740i ホワイト 7万~8万km 941,000円
2008年 750Li ブラック 6万~7万km 2,067,000円
2007年 750i ダイナミックスポーツパッケージ 2万~3万km 388,000円
2006年 750i ブラック 7万~8万km 834,000円
2005年 750Li 1万~2万km 1,917,000円
1991年 740i Mスポーツ シルバー 8万~9万km 121,000円





モデル別の買取相場傾向


BMW・7シリーズのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(G11/G12)

BMW・7シリーズの現行モデルは2015年から販売されている新しいモデルなので、中古車市場ではそれほど流通していません。但し、新車に近いコンディションの車両が多いので、400万円~600万円程度で買い取ってもらえるケースが多いです。


先代モデル(F01/F02/F03/F04)

現行モデルが登場したことによって査定相場は下落しました。平均買取相場としては大体200万円~300万円付近で推移しています。


4代目モデル(E65/E66/E67/E68)

コンディションによって大きな開きが出るケースがありますが、平均買取相場は70万円~150万円付近で推移しています。


3代目以前のモデル

3代目以前のモデルはほとんどニーズがなく、10万円~30万円前後で取引されるケースが多いです。但し、初代モデルや2代目モデルでコンディションが良い車両なら、クラシックカーとしてのニーズがあるので、高値で買い取ってもらえる可能性があります。





口コミ・体験談


実際にBMW・7シリーズを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


車検の時期が迫ってきたので、そのタイミングで売却しようと思い、先代モデルのBMW・7シリーズ(740i)を買取専門店に査定依頼を申し込みました。初めて買取専門店を利用したのですが、想像していたよりも対応が親切でスムーズに手続きを進めていくことができました。買取価格は先代モデルなのであまり期待はしていませんでしたが、285万円で買い取ってもらうことができて満足です。(54歳・東京都)


10年近く前に購入したBMW・7シリーズを買い取ってもらうために一括買取査定サービスを利用しました。7シリーズは中古車市場でも人気があるそうで、どの業者も高値を提示して頂きました。その中で125万円という一番高い金額を提示して頂いた業者に買い取ってもらうことにしました。100万円を超えたので納得して売却することができました。(53歳・広島県)





まとめ


BMW・7シリーズは新車購入価格で1,000万円オーバーの高級車なので、中古車市場でも高値で取引されています。

車両のコンディションにもよりますが、先代モデルでも大体200万円~300万円付近で買い取ってもらえるケースが多いです。

高級車ということで業者によっては査定価格に大きな開きがあることも多いので、できれば複数の買取専門店に査定を依頼して買取価格を比較することをおすすめします。


BMW・7シリーズの場合はハイブリッドタイプが人気があります。もしあなたがハイブリッドタイプの7シリーズの売却を検討しているなら強気で価格交渉をしてください!




この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!