低燃費で小回りがしやすい!ダイハツ・ブーンの買取価格の査定相場

ダイハツ・ブーンの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
1,215,000円~ 全長3,660mm×全幅1,665mm×全高1,525mm 28.0km/L(2WD)、24.4km/L(4WD)
排気量 最高出力 最大トルク
0.996L 51kW(69PS)/6,000r.p.m. 92N・m(9.4kgf・m)/4,400r.p.m.


ダイハツ・ブーンはコンパクトサイズの5人乗りハッチバックです。

コンパクトカーならではの低燃費と小回りの利く運転のしやすさなどで女性ドライバーを中心に人気がありますね!





モデルの変遷


ダイハツ・ブーンの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代モデル(M300S/M310S/M301S/M312S型)

ダイハツ・ブーン
2004年に初代モデルが誕生しました。軽自動車プラットフォームをベースにしてトヨタと共同開発した車種として知られています。

2006年にマイナーチェンジが実施され、「CL Limited」「CX」にフロントベンチシートを採用、そして「カスタム」「X4」には大型スポーティーシートが採用されることになりました。

2008年には7人乗り仕様の「ブーンルミナス」が販売スタートしました。


2代目モデル(M600S/M610S/M601S型)

ダイハツ・ブーン
2010年から2代目ブーンが登場しました。初代モデル同様にトヨタと共同開発されています。

タマゴをイメージしたアッパーボディのスタイリングが採用されたことで、よりシンプルで上質感のあるデザインとなりました。ボディの全幅は先代モデルと同じサイズとなり、ボディカラーに関しては新たに3色が追加されることになりました。


3代目モデル(M700S/M710S型)

ダイハツ・ブーン
2016年4月から3代目ブーンが登場しました。ホイールベースを50mm拡大され、リアシートを後方配置にするなどで前後乗員間の距離が広がって室内の快適性が向上しています。

安全性能にもしっかりと対応していて、スマートアシストⅡが採用されています。先行車とぶつかりそうな時は緊急ブレーキが作動したり、前方の車や歩行者を検知してドライバーに知らせてもらうことができます。

3代目モデルではパッソの製造事業者がダイハツ工業に変更となったことによって、パッソはブーンのOEM車種となりました。


※トヨタ・パッソの詳細ページはこちらです!

女性ドライバーに人気!トヨタ・パッソの買取価格の査定相場

2016.06.02





現行モデルの特徴

ダイハツ・ブーン

ダイハツ・ブーンでは、標準グレードの「X」「X”SAⅡ”」。キーフリーシステムやオート電動格納式ドアミラー(ボディ同色)、リアドア・リアクォーターガラスをUVカット機能付スモークドにグレードアップした「X”Lパッケージ”」「X”LパッケージSAⅡ”」。

LEDヘッドランプや14インチアルミホイール、革巻き3本スポークが装備されている「X”GパッケージSAⅡ”」。

Bi-Angle LEDヘッドランプやオート電動格納式ドアミラー&ドアミラーターンランプなどが装備されている「CLIQ」「CLIQ”LパッケージSAⅡ”」。

「CLIQ」グレードにGパッケージが装備された「CLIQ”GパッケージSAⅡ”」が用意されています。(※「SAⅡ」はスマートアシスト機能搭載車です)


外観

先代モデルよりもフードを高くして水平基調のデザインが取り入れられ、低重心にどっしりと構えた台形シルエットのプロポーションとなりました。

カラーバリエーションは12色(Xグレード)に加えて、CILQグレードではツートーンカラーも選択することができます。


室内

内装に関しては水平基調のロングトレイにサイドレジスターリングが両サイドに配置されています。アームレスト付きのベンチシートが採用されていて、しっかりと身体をホールドしてくれます。

また、後席を倒すことができるので、大きな荷物でも簡単に積み込むことが可能です。


走行性能

燃費性能を追求した「1KR-FE ツインカムDVVT 3気筒12バルブエンジン」が搭載されています。

アイドリングストップ機能も搭載されていて、JCOBモードでは2WDが28.0km/L、4WDは24.4km/Lの低燃費を実現しています。





ダイハツ・ブーンの買取査定相場


ダイハツ・ブーンの買取査定を依頼して、実際に買取専門店から提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2014年 CLリミテッド シルバー 1万~2万km 576,000円
2013年 CL ホワイトパール 2万~3万km 324,000円
2011年 1.3CX シルバー 2万~3万km 468,000円
2010年 CLリミテッド ブルー 1万~2万km 450,000円
2010年 CX ブラック 4万~5万km 275,000円
2009年 1.0CLリミテッド ブラック 3万~4万km 325,000円
2006年 カスタム ホワイトパール 7万~8万km 62,000円
2006年 CLリミテッド シルバー 8万~9万km 50,000円以下
2005年 1.3CX セレクション レッド 4万~5万km 50,000円以下
2004年 1.3CX 純正ナビ+バックカメラ付き ブラック 5万~6万km 145,000円





モデル別の買取相場傾向


ダイハツ・ブーンのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(M700S/M710S型)

ブーンの現行モデルは2016年4月に登場したばかりなので、中古車市場にはほとんど流通していません。そのため、明確な平均相場は分からない状況です。ほぼ新車のコンディションで売却することができるので、ディーラーに下取りに出しても高く買い取ってもらえる可能性が高いです。


先代モデル(M600S/M610S/M601S型)

5年落ちモデルでは40万円~50万前後が平均的な相場となっています。上級グレードやコンディションが良い車両であればさらに高価買取が期待できます。


初代モデル(M300S/M310S/M301S/M312S型)

初代モデルの場合はほぼ底値で取引されています。走行距離が短くてコンディションが良ければ10万円以上の買値が付くこともあります。





口コミ・体験談


実際にダイハツ・ブーンを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


7年前に購入したブーンの車検が近づいてきたので、買い換えることにしました。ディーラーに下取りに出そうと思っていたのですが、あまり値が付かないと思ったので買取査定を申し込んでみました。コンパクトカーの買取に力を入れている業者さんだったので、25万円で買い取ってもらうことができました。こんなに高く買い取ってもらってラッキーでした^^(33歳・大阪府)


スマホから初めて一括買取査定サービスを申し込ました。申し込み作業はあっという間に完了しました。一日で済ませたかったので、同じ日にまとめて来てもらうことにしました。実際に提示してもらった金額は業者によって異なりました。その中で一番高い値段を付けてくれた業者に買い取ってもらいました。一社だけに依頼をしていたら損をしていたかもしれないですね。(39歳・千葉県)





まとめ


中古車市場では先代モデルが女性ドライバーを中心に人気があるので、コンディションが良い先代モデルなら高価買取が期待できます。

2016年にフルモデルチェンジが実施されて、これから現行モデルがどんどん中古車市場に流通してきて先代モデル以前の買取相場が下落することが予想されています。


そのため、少しでも高く売却しようと思っているのなら、買取相場が下落する前に買い取ってもらうことをお薦めします。






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!