軽オープンカー!ダイハツ・コペンの買取価格の査定相場

ダイハツ・コペンの基本スペック(Robe)


新車価格帯 サイズ 燃費
1,852,200円~ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,280mm 22.2km/L(5MT)、25.2km/L(CVT)
排気量 最高出力 最大トルク
0.658L 47kW(64PS)/6,400r.p.m. 92N・m(9.4kgf・m)/3,200r.p.m.


ダイハツ・コペンは軽自動車のオープンカーです。しっかりとこだわりを持って設計・製造されているので安っぽい印象は一切ありません。

2014年度のグッドデザイン金賞を受賞しているとおり、スタイリッシュなデザインも人気がありますね!





モデルの変遷


ダイハツ・コペンの歴代モデルの変遷を紹介します。


初代(L880K型)モデル

ダイハツ・コペン
2002年に初代コペンが登場しました。直列4気筒DOHCツインスクロールターボJB-DETエンジンが搭載されていました。

初代モデルからアクティブトップが採用されていて、開閉所要時間は約20秒で完了します。ルーフ開放時はトランク部分にルーフが収納される仕組みになっています。


2代目(LA400K型)モデル

ダイハツ・コペン
2014年から2代目モデルが登場しました。骨格構造「D-Frame」と脱着構造「Dress-Formation」が採用されています。

「D-Frame」とは、フロント・サイド・リア・フロアを切れ目なく繋ぐ構造を取り入れたフレームのことです。曲げ剛性やねじれ剛性をアップさせて、オープン走行時の剛性を維持することに成功しました。

「Dress-Formation」とは、ボディ外板の一部を樹脂化することによって着脱可能なフレーム構造のことです。購入した後でもドライバーの好きな時にボンネットフードやトランクフード、バンパー、フェンダーなどを取り替えることができます。





現行モデルの特徴

ダイハツ・コペン

標準グレードの「Robe」、Robeの上級グレード「Robe S」、スポーティモデルの「XPLAY」、XPLAYの常住グレード「XPLAY S」、Robeをベースにして樹脂外板やランプ類を専用デザインが採用されている「Cero」、Ceroの上級グレード「Cero S」がラインナップされています。


インテリア

高い操作性を追求するためにセンタークラスターには機能が集約されていて、さらにカーボン調パネルなどで上質さも演出しています。

シートはしっかりとしたホールド感があり、スポーティにドライビングすることもできます。


走行性能

DVVTを採用したKF型(KF-VET型)エンジンに変更となり、最大トルクが先代モデルよりもパワーダウンしていますが、その一方で低排出ガス性能が高まったため「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を受けています。

CVT車にはアイドリングストップシステム「eco IDLE」が装備されています。





ダイハツ・コペンの買取査定相場


ダイハツ・コペンの買取査定を依頼して、実際に買取専門店から提示された買取価格を紹介します。これからコペンの買取査定を申し込もうと考えている方は参考にしてください。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2011年 660 アクティブトップ シルバー 0~1万km 1,325,000円
2010年 660 アクティブトップ ブラック 4万~5万km 842,000円
2007年 660 アクティブトップ アルティメットエディション2 メモリアル レッド 6万~7万km 810,000円
2006年 660 アクティブトップ グリーン 5万~6万km 355,000円
2005年 660 アクティブトップ2 Anvエディション ホワイトパール 5万~6万km 641,000円
2005年 アクティブトップ Gパック シルバー 5万~6万km 495,000円
2004年 660 ディタッチャブルトップ シルバー 7万~8万km 328,000円
2003年 アクティブトップ レザーパック シルバー 7万~8万km 292,000円
2002年 660 アクティブトップ ブルー 6万~7万km 229,000円





モデル別の買取相場傾向


ダイハツ・コペンのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(LA400K型)

現行モデルは2014年から販売がスタートしたということもあり、中古車市場にはそれほど流通していません。新しいモデルなので、ディーラーに下取りに出しても高値で買い取ってもらえます。


初代モデル(L880K型)

現行モデルが登場して買取相場が下落するのではないかと言われていましたが、どのグレードも品薄状態となっていて、買取相場は安定しています。後期タイプでコンディションが良い場合は100万円以上の高値で買い取ってもらえるケースもあります。





口コミ・体験談


実際にダイハツ・コペンを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


愛車のコペンを購入してから10年経過していて下取りに出してもそれほど高く買ってくれないと思い、ダメ元で買取査定に申し込んでみました。初めて依頼をするので少し不安はありましたが、担当の方がとても感じが良く熱心に査定をしてくれたので安心しましたね。肝心の買取価格ですが、なんと37万円で買い取ってもらうことができました。査定を受ける前は10万円くらいになると勝手に予想していたので、得した気分になりました!(41歳・兵庫県)


私の友人から「買取査定に依頼をして買い取ってもらった」という話を聞いて、私も依頼することにしました。平日は仕事なので、査定は土日にしてほしいとお願いをしたら快く了解して頂けました。査定は20分程度で終了して、25万円の金額を提示して頂きました。担当者の方の対応面に関しても価格面に関しても両方で納得して売却することが出来ましたね。(49歳・神奈川県)





まとめ


ダイハツ・コペンはコンパクトサイズのオープンカーということで、同じカテゴリーのライバル車が少ないのが大きな特徴です。

そのため中古車市場でも常に品薄状態となっているので、他の車種と比較して高く買い取ってもらえる傾向があります。


本革巻きステアリングの上級装備が採用されているレザーパックグレードや、2010年以降の年式が高い車両の場合は査定評価が高くなるので、査定を受ける際には強気で交渉して下さい!




この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!