人気の5ドア軽トールワゴン!ダイハツ・ムーヴの買取価格の査定相場

ダイハツ・ムーヴの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
1,134,000円~ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mm 25.0~31.0km/L
排気量 最高出力 最大トルク
658L 38kW(52PS)/6,800r.p.m. 60N・m(6.1kgf・m)/5,200r.p.m.


ダイハツ・ムーヴは若者層に人気がある5ドア軽トールワゴンです。

ノーマルモデルの「ムーヴ」とスポーツモデルの「ムーヴカスタム」がラインアップされています。





モデルの変遷


ダイハツ・ムーヴの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(L600/610S型)モデル

ダイハツ・ムーヴ
1995年にムーヴの初代モデルが登場しました。ベース車両はL500系ミラで、インパネ部分もミラのパーツを流用していました。

エンジンは新しく開発されたEF型DOHCエンジンが搭載されていて、4気筒JB型エンジンのターボ仕様も用意されていました。

1997年からスポーティモデルのカスタムシリーズが追加されました。メッキグリルとフラッシュサイドのフロントフェンダーなどが装備されたモデルです。


2代目(L900/910S型)モデル

ダイハツ・ムーヴ
1998年から2代目ムーヴが登場しました。新しい規格に対応するために開発されたモデルで先代モデルの設計を踏襲しながら極力コストを抑えることを重視していました。

2000年には特別仕様車「Sエディション」が発売されました。また、同年に実施されたマイナーチェンジでは、衝突安全ボディ「TAF」の性能向上や安全インテリア「SOFI」の導入によって安全性能が向上しました。さらにMT車にはクラッチスタートシステムが追加装備されることになりました。



3代目(L150/160S型)モデル

ダイハツ・ムーヴ
2002年から「生活革新!エキサイティングミニバン」をテーマにして開発された3代目モデルが登場しました。この3代目ムーヴからリア部分のナンバープレートの位置が変更され、ノーマルタイプはリアバンパーに、カスタムはバックドアにナンバープレートが設置されることになりました。

2004年のマイナーチェンジでは標準車とカスタムの両方で内外装のデザインが変更されました。環境性能もアップしていて、一部グレードでは「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」と「平成22年度燃費基準+5%」を同時に適合させています。


4代目(L175/185S型)モデル

ダイハツ・ムーヴ
2006年から4代目ムーヴの販売がスタートしました。3代目モデルから外観デザインが大きく変更されていて、フロントから流れる卵形のワンモーションフォルムが採用されることになりました。さらに3代目からホイールベースが100mm拡大したことによって車内の居住性が向上しました。

2008年には特別仕様車「L selection」「カスタム XC edition」が発売されました。同年に実施されたマイナーチェンジではカスタムグレードのフロントマスクが大幅に変更され、さらにプロジェクター式ディスチャージヘッドランプや自発光式メーターが標準装備されることになりました。

2009年には特別仕様車「L VS」「X VS」、カスタム「RS VS」が発売されました。



5代目(LA100/110S型)モデル

ダイハツ・ムーヴ
2010年から5代目ムーヴが登場しました。搭載されるKF型エンジンはその特性を全面的に見直し、トランスミッションも全グレードでCVTに統一しました。リアコンビネーションランプにはLEDを採用して省電力化が図られています。

全グレードにフルオートエアコンや、ecoリーフゲージ、平均燃費・渡航可能距離、外気温などを切替表示する「マルチインフォメーションディスプレイ」、エコインジケーターの点灯条件を厳密にしてエアコンを制御して燃費を向上させる「エコドライブモードスイッチ」が装備されました。

2012年のマイナーチェンジでは基本性能や安全性能、燃費性能、デザイン等の向上を図るべく大幅な改良が実施されました。既に採用済みの「e:Sテクノロジー」がさらに進化をして、軽自動車で初めてとなる「CVTサーモコントローラー」が採用されました。


6代目(LA150/160S型)モデル

ダイハツ・ムーヴ
2014年から6代目ムーヴが登場しました。ボディのフレーム構造や足回りの改良など車本来の基本性能に重点を置いて開発されました。サイドアウターパネルの全面ハイテン化や、構造断点を低減することによってフレーム全体で力を受け止める「D monocoque(軽量高剛性ボディ)構造となっています。

リアシートは左右分割リクライニングのスライド式に変更され、リアシートのスライド量を240mmに設定されています。荷室長に関しては最大575mmに拡大してさらに使い勝手が良くなっています。

2015年にはカスタムグレードにおいて、発売20周年を記念した特別仕様車「20th Anniversary ゴールドエディション SA II」が発売されました。





現行モデルの特徴

ダイハツ・ムーヴ

グレード

【ムーヴ】
標準グレードの「L」、Lグレードのスマートアシスト機能搭載「L”SAⅡ”」、装備が充実した「X」「X”SAⅡ”」、ターボエンジン搭載車の「Xターボ」「Xターボ”SAⅡ”」がラインナップされています。

【ムーヴカスタム】
標準グレードの「X」「X”SAⅡ”」、スポーツタイプの「RS」「RS”SAⅡ”」、さらにXとRSの各グレードの上級モデルとして、「X”Hyper”」「X”Hyper SAⅡ”」「RS”Hyper”」「RS”Hyper SAⅡ”」がラインナップされています。


外観

フロントデザインはヘッドランプを大型化して、グリルも新しいデザインに変更されました。バンパー部分は平面ラウンドを強調したデザインとなり、サイドはシャープで流れる造形が取り入れられています。

一方のムーヴカスタムはフロント・サイド・リアで「X」の文字を用いたデザインが取り入れられています。バックドアは樹脂化することによって可能となったベルトラインスポイラーをイメージする自由度の高いデザインとなっています。


室内

ダークグレー・ホワイト・グレージュの3トーンインテリアが採用されています。メーター部分にはタコメーターを装備しています。

ムーヴカスタムのグレードにはシルバーライン調インパネガーニッシュと立体ファブリック&ファインタッチシートが採用されています。自発光式2眼メーター中央部分には軽自動車初となるTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。

前席と後席の間も広く設計されているので、後席に大人が乗車してもゆとりをもって過ごすことができます。さらに90度開きドアとなっていて、乗り降りや大きな荷物の積み降ろしも簡単にできます。


燃費性能

ツインカムDVVT 3気筒12バルブエンジンが搭載されている「X”SAⅡ”」「X」「L”SAⅡ”」「L」グレード車は31.0km/L(2WD)・27.6km/L(4WD)の低燃費を実現しています。

ツインカムDVVT 3気筒12バルブインタークーラー・ターボ付エンジンが搭載されている「Xターボ”SAⅡ”」「Xターボ」グレード車は27.4km/L(2WD)・25.6km/L(4WD)の燃費を達成しています。


ダイハツ・ムーヴカスタム
(ムーヴカスタム)





ダイハツ・ムーヴの買取査定相場


ダイハツ・ムーヴの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2013年 カスタム X リミテッド SA ワイン 3万~4万km 695,000円
2013年 L シルバー 0~1万km 576,000円
2012年 X ピンク 7万~8万km 338,000円
2011年 カスタム RS ホワイトパール 4万~5万km 480,000円
2010年 X VS ゴールド 12万~13万km 74,000円
2010年 X VS3 ブラック 5万~6万km 340,000円
2009年 カスタム X ブラウン 7万~8万km 242,000円
2009年 L ブラック 4万~5万km 185,000円
2008年 カスタム X リミテッド ブラック 7万~8万km 472,000円
2006年 VS ブラック 9万~10万km 50,000円以下
2005年 カスタム RS ホワイトパール 10万~11万km 193,000円
2003年 L ピンク 6万~7万km 50,000円以下
2000年 エアロダウンカスタムリミテッド ブラック 7万~8万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


ダイハツ・ムーヴのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(LA150/160S型)

2014年から登場したモデルなので、中古車市場の流通量は少ないですが、コンディションが良い車両が多いので、70万円~100万円程度で買い取ってもらえるケースが多いです。ほぼ新車となるので、ディーラーに下取りに出しても高値で買い取ってもらえます。


先代モデル(LA100/110S型)

現行モデルが登場して少し相場は下落しましたが、まだまだ高い水準を保っています。マイナーチェンジ後の後期タイプなら30万円~60万円くらいで売却することも可能です。前期タイプの場合は10万円~40万円くらいが大まかな相場となっています。


4代目モデル(L175/185S型)

4代目モデルは登場してから10年程度経過しているため、それほど高い買取価格を期待することはできません。5万円~20万円くらいが平均相場だと言えます。もちろん上級グレードやコンディションが良い車両なら20万円以上の値が付くこともあります。


3代目以前のモデル

3代目以前のモデルに関しては中古車市場でのニーズがほとんどないのため、大半は5万円未満の底値で取引されるケースが多いです。少しでも高値で買い取ってもらうために一括買取査定サービスを利用して複数の業者から査定を受けるようにしましょう。





口コミ・体験談


実際にダイハツ・ムーヴを買取専門店に依頼して買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


先代モデルのムーヴから他の車種に乗り換えるために買取専門店に査定の依頼をしました。現行モデルではないのであまり期待はしていなかったのですが、中古車市場ではまだまだ人気があるらしく、33万円で買い取ってもらえることになりました。軽自動車でもこんなに高く売れるんですね!(34歳・福岡県)


セカンドカーとして10年以上前に購入したムーヴを買い取ってもらうことにしました。10年以上乗っている軽自動車なんか値が付かないと思ったのですが、ダメ元で査定を申し込んでみました。そしたら14万円という金額を提示してもらえました。(46歳・茨城県)





まとめ


ダイハツ・ムーヴは軽自動車の中でも人気がある車種で、中古車市場においても若者層を中心にしてニーズがあります。

現行モデルの買取価格が高いのは当然ですが、先代モデルでもコンディションが良い車両なら50万円~60万円くらいの高値が付くケースもあります。


特にスポーツモデルの「ムーヴカスタム」は人気があり、通常のムーヴと比較してプラス10万円くらい上乗せしてもらえることも多いですね!







この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!