ハッチバッククーペ!ホンダCR-Zの買取価格の査定相場

ホンダCR-Zの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
2,700,000円~ 全長4,105mm×全幅1,740mm×全高1,395mm 19.4~23.0km/L
排気量 最高出力 最大トルク
1.496L 87kW(118PS)/6,600r.p.m. 144N・m(14.7kgf・m)/4,800r.p.m.


ホンダCR-Zはハッチバックタイプのスポーツクーペです。

ハイブリッドシステムが搭載されているスポーツクーペということで環境に考慮しながらスポーツドライビングも楽しめる車種として若い年齢層を中心に支持を集めています!





モデルの変遷

ホンダCR-Z
2010年からホンダCR-Zがデビューしました。軽量かつ高剛性のボディに新構造のフロントピラーや新開発のドアミラーを採用しています。

さらにはボディ下面の整流処理などをしっかりと施すことで、ショート&ワイドボディでありながら優れた空力性能を実現しています。

2010-2011の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。そして2013年には特別仕様車「α・Dressed label II」が、翌年の2014年には特別仕様車「α・Dressed label III」が発売されました。

残念ながら2016年内をもってCR-Zの生産が終了しました。





現行モデルの特徴

ホンダCR-Z

グレード

標準グレードの「α」、17インチタイヤや様々な装備が付いた「α・Master labe」、最上位の特別モデル「α・Final label」が用意されています。

さらに「α・Master label」と「α・Final label」では、α・Master labelメーカーオプションの「2tone Color Style」が各々用意されています。


外観

ショート&ワイドボディに走行性能と燃費性能をアップさせる空力性能を考慮して設計されています。走行安定性と操縦性において有利なボディ形状からリアトレッドが拡大されてがっちりとした印象を与えるデザインとなっています。

フロントマスクのグリルをエッジの効いた八角形のデザインを採用してインパクトのある印象を与えます。そして両サイドを深く切り込んだデザインにガンメタリック塗装を施したモールを貫通させることで躍動感も生み出しています。


室内

コクピットに座ったドライバーが心から運転が楽しめるような空間が作られています。スポーツ走行に適した低いドライビングポジションが採用されているだけでなく、しっかりと身体をホールドするフロントシートが設置されています。

頻繁に使用するスイッチ類を前面パネルに集中して配置することによって運転に集中できるような配慮が施されています。



走行性能

高回転型エンジンとリチウムイオンバッテリーによるハイブリッドシステムが搭載されています。運転する楽しさと同時に優れた低燃費(※JC08モードで19.4~23.0km/L)を実現しています。

「3モードドライブシステム」が導入されていて、周囲の状況はドライバーの気分に合わせてSPORT/NORMAL/ECONの3つの異なるドライブモードに選択することができます。





ホンダCR-Zの買取査定相場


ホンダCR-Zの買取査定を依頼して実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2014年 α・Master label ブラック 2万~3万km 1,250,000円
2013年 α・Dressed label II ブルー 5万~6万km 715,000円
2013年 α ホワイトパール 1万~2万km 1,332,000円
2012年 β シルバー 4万~5万km 1,120,000円
2012年 α・Master label ホワイトパール 3万~4万km 975,000円
2011年 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車 ブルー 11万~12万km 481,000円
2011年 α シルバー 2万~3万km 388,000円
2010年 α レッド 2万~3万km 950,000円
2010年 α ホワイトパール 5万~6万km 923,000円





モデル別の買取相場傾向


ホンダCR-Zは2010年に登場した車種で、現行モデルのみとなっています。3年落ちモデルでは100万円を超える高値で買い取ってもらえるケースも多いです。

前期タイプでも平均買取相場が50万円~80万円程度の水準で推移しています。

また、上述しているように2016年内に生産が終了することになっているので、新しいモデルが登場することがないため、買取相場が大幅に下落することはないと言えます。





口コミ・体験談


実際にホンダCR-Zを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


ホンダCR-Zがデビューした2010年にデザインにひと目惚れをして購入しました。そろそろ新しい車種に乗り換えるためにディーラーに下取りに出そうと思ったのですが、購入してから6年近く経過しているこということもあって、買取専門店の方が高く売れると思って申し込みました。実際に83万円という高値で買い取ってもらうことができました。買取専門店に依頼をして正解でしたね!(38歳・神奈川県)


私はα・Master labelグレードのCR-Zを買い取ってもらいました。平日は仕事で忙しいということを担当の方に伝えると、休日の日曜日に査定が出来るように調整してくれました。実際に査定に来られた方も非常に対応が良く、気持ちよく査定を受けることができました。(42歳・愛知県)





まとめ


ホンダCR-Zは登場して6年余りしか経過していないということで、全体的に高値で取引されるケースが多いです。

3年落ちまでのモデルならディーラーに下取りに出しても高値で売却できますが、4年以上経過している車両なら買取専門店に依頼をして買い取ってもらう方が高く売れることが多々あります。

2016年内で販売が終了することになっているので、その後にプレミアム感が出て買取相場が上がることもあるので、もう少し様子を見てから売却を検討するのも得策です。


CR-Zの中でも「α・Master labe」や「α・Final label」などの上位グレードならプラス査定が期待できますね!







この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!