事故車や修復歴車でも高く買い取ってもらうことはできるの?

事故車と聞くと、交通事故などを起こして損傷を負った車両をイメージすると思いますが、中古自動車査定基準で定められている事故車の定義は少し異なります。

中古自動車査定基準における事故車とは、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」 と定義されています。

つまり事故を起こしていなくても、自動車の骨格等に損傷を負った車両も事故車となるのです。





修復歴車とは・・・


そして事故を起こした車両を修理した場合に「修復歴車」となります。

修復歴車とは、骨格部分が損傷して修正や交換をした経歴がある車両のことです。修理をした車が全て修復歴車に該当するわけではありません。

骨格部分以外が損傷して修理をした場合には修復歴車には該当しません。ちなみに自動車の骨格部分は下記のパーツです。

【自動車の骨格部分】
  • フレーム(サイドメンバー)
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー(フロント、センター)
  • ダッシュパネル
  • ルーフ
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル(リア)
  • フロントフロアパネル
  • ラジエータコアサポート


例えば、バンパーやフロントフェンダー、フロント・リアウィンドウ、ドア、エンジンなどの交換やボディの塗装などの行為は修復歴車とはなりません。





事故車や修復歴がある車は査定評価が低くなる


一般的に修復歴がない車よりも、事故車や修復歴がある車の方が査定評価が低くなります。

それは中古車市場のニーズが大きく影響しています。中古車の購入希望者の大半は事故車や修復歴車を敬遠します。

実際に問題なく各装置が作動して快適に運転できる修復歴車であっても、「縁起が悪い」と考える心理が働くためです。


そのため、査定価格はその車種やグレードなどで算出される相場価格から修復歴の度合いによって一定の金額を減額されることになります。





修復歴の有無を正直に伝えよう


事故車や修復歴車の買取契約

事故車や修復歴車の買取査定を依頼する際に査定評価が低くなることを嫌がって査定士に伝えない方も存在しますが、そのような行為はしないようにして下さい。

なぜなら買取業者と売却契約を交わす際にはその契約書には「買取査定規約」が含まれています。

この買取査定規約には、売却者(あなた自身)が事故歴を把握している場合は申告する義務があり、後日不備が発覚した場合は「事後減額要求」ができると記載されています。

つまり、契約後に修復歴が判明したなどの場合には、提示した査定評価価格から減額することができるのです。


売却後は車を買い取った業者がより詳しく車両の検査を実施します。そのため、いくら事故車や修復歴を隠そうとしても必ず見つかってしまうのですね・・・(汗)





修復歴車の確認方法


実際に整備士はどの箇所をチェックして修復歴車かどうかを確認するのでしょうか?修復歴車を見分ける主なポイントを紹介します。

まずはボンネット部分です。ボンネットに映り込んでいる景色が歪んで見えたり、塗装にムラがあったり、フェンダー部分との隙間が歪んでいる場合は修復した可能性があります。

ボンネットの取り付けボルトやフェンダーの取り付けボルトに交換した跡がある場合にも修復している可能性があります。

さらにはドアを開閉してボルトとシーリングを重点的に確認して左右のドアの違いをチェックします。交換履歴があったり塗装が剥げている箇所や左右のドアの感触に違和感があれば修復歴車の可能性があります。

その他にもいくつかのチェックポイントがあり、これらのポイントを入念に確認して修復歴の有無を判断します。





事実を隠すことで査定士からの信用を失います


また、査定を実施している最中に修復歴を隠していることが判明してしまうと、その後の査定評価にも影響します。

査定士からの信用を失ってしまう恐れもあるので、非常に不利な状況に追い込まれます。

悪質な査定士の場合には、あえて修復歴があることを隠して高評価をして契約を済ませた後、後日に上記で紹介した「買取査定規約」を理由に大幅に査定額を引き下げられる恐れもあります。

このように中古車買取の査定を依頼する際は愛車の状況を包み隠さず伝えることが大切だといえます。





事故車や修復歴車でも買い取ってもらえる業者


たとえ事故車や修復歴車でもあっても車両を買い取ってくれる業者はいくつか存在します。なぜ中古車市場で人気のない事故車を買い取ってもらえるのでしょうか?

それは事故車は正常に走行できない車であっても部分的にはまだ利用できるパーツが数多くあるためです。それらのパーツを解体して新たな車両のパーツとして再利用して販売することができます。

また、国内以外でも海外などでパーツ販売のニーズがあるので利益を得ることができるのです。





事故車はカービューに買取査定を依頼しよう


事故車を取り扱っている買取業者の中でも特にお薦めなのがカービューです。カービューなら事故車だけでなく、故障で動かなくなった車や水没した車でも買い取ってもらうことができます。

事故車専門の買取店であれば、さまざまな販売ルートを確保しているので喜んで買い取ってもらえます。

どこからも買い取ってもらえないからと勝手に判断して、廃車手続きをすると費用や手間がかかってしまいます。


廃車にしようと思っているのであれば、一度カービューに査定依頼をすることをお薦めします。

想像していたよりも高く買い取ってもらえることもありますよ^^







この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!