あなたは理解している?車の下取りと買取の違いをわかりやすく解説します

車を売る方法としては、大きく「下取り」「買取」の2つの方法が用意されています。

実際に車を売却したことがない方にとっては、それぞれどのような仕組みになっているかを知らないのではないでしょうか?

また、新しく車を乗り換える際は購入先のディーラーへ下取りに出して、言われるがままの査定金額で売却をして、新車の購入資金の足しにしているケースが多いです。

下取りに出した場合は1社のみの査定となってしまうので、その査定評価が高いのか低いのかの判断がつかないこともあります。

そこで今回は「下取り」と「買取」の2つの方法の特徴を確認して両者の違いをしっかりと理解するために解説していこうと思います。



下取りの仕組み


まずは車を売却する際の一般的な方法として定着している「下取り」に関して見ていきましょう。

そもそも「下取り」とは、今まで所有していた愛車を販売店に売却してその金額を次に取り替える車の購入資金に充てることができる方法を指します。

そのため、下取りを利用する場合は下取りをしたところと同じ場所(メーカー)で新車を購入する必要があります。

下取りをしてもらった車はディーラーを通して中古車として店頭やオークションで販売されるか、もしくは廃車手続きとなります。

では実際に下取り価格はどのように決定するのでしょうか?

下取り価格は中古車として販売する金額から、ディーラーの利益と諸経費などを差し引いた金額となります。


【下取り価格の構造】
下取り価格=中古車販売価格-(ディーラーの利益+諸経費)


つまり、ディーラー側の利益が考慮された『言い値』で下取り価格が決定するため、ディーラー側が絶対に損をしない仕組みとなっているのです。



メリット

ディーラーで下取りに出す際のメリットは下記のとおりです。

1)新車の値引きの補填として利用できる
新車価格の値引きが出来ない場合は、下取り金額で多少補填してもらえることがあります。

2)手間がかからない
新車に乗り換える際は担当の営業マンが間に入って様々な手続きを実施してくれるので、手間がかからないというメリットがあります。

3)安心して乗り換えられる
担当の営業マンや店舗と信頼関係を築くことができるので、安心して新車に乗り換えられたり、その後のアフターフォローも期待できます。



デメリット

一方で下取りに出す際のデメリットは下記のとおりです。

1)提示された査定金額は変わらない
ディーラー毎に決められた査定金額が設定されているので、たとえ他の買取店で高い査定金額が付いたとしても、その買取店の査定金額に合わせてアップしてもらえることはありません。

2)適正価格が分からない
ディーラーが提示した言い値で取引されるため、あなたの愛車の査定金額が適正価格かどうかの判別がつきません。





買取の仕組み


ここからは買取の仕組みについて見ていきましょう。ディーラーや中古車販売店で売却した場合は店頭に並ぶことになりますが、実店舗を持っていない買取店はどのようにして販売するのでしょうか?

買取店に売却された車は買取業者同士が売買をするオークションに出品され、そこで中古車販売店が購入する仕組みとなっています。そして購入した車を整備して店頭で販売することになります。

ちなみに大手の車買取専門店の場合は自社で販売する店舗を持っているケースもあり、車種や車の状態によって店頭で販売するケースとオークションに出品するケースを使い分けています。

買取専門店の場合は転売によって利益を獲得する仕組みとなっていて、在庫リスクを抱える恐れや店舗運営コスト(人件費や整備費、家賃など)もなく、薄利多売でどんどん転売することができます。

そのため、ディーラーで下取りに出すよりも高く買い取ってもらえる可能性が高いのです。


<買取店の仕組み>

買取店が査定依頼者から購入

中古車オークションに出品

中古車販売店が購入

店頭で中古車として販売


メリット

買取業者に査定を依頼する際の主なメリットを紹介します。

1)複数の業者に依頼できる
同時に複数の買取業者に査定依頼ができるので、それぞれの査定金額を比較して一番高い業者に売ることができます。また、対応の良さや迅速さなどを踏まえて売却する業者を選ぶことも可能です。

2)人気装備などが買取価格に反映
カーナビやレザーシートなどの人気があるオプション装備をしている車は査定評価がアップして高値が付くケースが多いです。

3)新車を買わなくても売却できる
ディーラーでの下取りは新車を購入する際に利用できるサービスです。そのため、単に車を売却したい時には下取りに出すことはできません。

その点、買取サービスの場合は車を購入することが前提となっていないため、乗り換える予定がない場合でも自由に売ることができます。




デメリット

その一方で、買取によるデメリットは下記のとおりです。

1)相場変動のリスク
下取りに比べて相場変動に敏感なため、季節や車種毎のモデルチェンジによって相場が大きく変動するリスクがあります。売却時期を逃すと低い価格で査定されることがあります。

2)車の乗り換え時に手間がかかる
上記で紹介した下取りのメリットの裏返しですが、新しく車に乗り換える際は売却手続きと購入手続きを別々に行う必要があり、下取りよりも手間がかかってしまいます。





「下取り」と「買取」の大きな違い


上記以外で、「下取り」と「買取」の大きな違いはどのようなものがあるのでしょうか?

売却したお金が手元に入るか否か

利用者側から見た下取りと買取の違いは、売却したお金が手元に入るかどうかという点です。買取の場合は業者があなたの愛車を査定した評価金額に納得した際にはその査定金額を支払ってもらうことができます。

その一方で、下取りの場合は新しい車に乗り換えることが前提となっているため、査定を受けた金額はあなたの手元には入ってこず、新車の購入資金に使われます。



査定評価の基準

ディーラーで下取りに出す場合は各自動車メーカーやディーラーが設定した「下取り基準表」に従って査定金額が決定します。車種やグレード、年式、走行距離、オプション装備などによって査定金額が決定します。

買取の場合は対象となる車のデータ(車種やグレード、年式など)に加えて、売買されるオークション会場における評価・価値観が大きなウエイトを占めます。



例えば、軽自動車などの車体価格が安い車種や年式の古いモデルであってもオークション会場で実際に高い価格で売買されている場合は、当然相場に見合った高い査定価格が付くことになります。





まとめ


上記で紹介してきたとおり、「下取り」と「買取」ではそれぞれメリット・デメリットがあります。

少しでも高い価格で売りたいと考えているなら、下取りと買取の両方を利用することもお勧めです。

例えば、下取りに出す前に買取業者に査定を依頼してどれくらいの価格で売却できるのかを確認することで両者を比較することができます。




買取業者は査定を依頼しても、価格に納得することができなければ売却する必要がないので、気軽に申し込めるのも人気の要因です。

ぜひあなたも「下取り」と「買取」の2つの方法を併用して、少しでも高い業者に売却するようにしてください。






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp

「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です