車買取査定を依頼して正式に売却手続きを行う際に必要な書類とは?

車の買取査定を依頼して、買取業者から査定をしてもらい提示された価格に納得することができたら、売却手続きに移行します。

車を売却する際は契約書類にサインして印鑑を押すだけでなく、さまざまな書類を用意しなければいけません。

あなたが愛車を購入した際のことを思い出してみて下さい。例えば新車を購入した場合は印鑑証明書や車庫証明書、税申告書などの書類が必要となりましたよね?

購入時と同様に売却する際にも、複数の書類を用意して所定の手続きを行うことになります。


具体的には下記の書類・印鑑を準備する必要があります
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 住民票





自動車検査証(車検証)


車検証

車検証とは、その自動車が保安基準に適合していることを証明するための書類のことです。その自動車に関する情報が詳しく記載されていて、車検を受けた車両に交付されます。

車検時だけでなく、名義変更などの各種手続きを実施する際に必要となる重要書類です。

道路運送車両法の第六十六条に、「自動車を運転する際には車内に車検証を積んでおかなければならない」と明記されています。


車検証には下記の項目が記載されています

自動車登録番号又は車両番号、車名、車体番号、型式、原動機(エンジン)の型式、総排気量又は定格出力、所有者の氏名又は名称、所有者の住所、使用者の氏名又は名称、使用者の住所、使用の本拠の位置、登録年月日・交付年月日、初年度登録、自動車の種別、乗車定員、用途、自家用・事業用の別、車体の形状、最大積載量、車両重量、車両総重量、長さ、幅、高さ、前前軸重、前後軸重、後前軸重、後後軸重、燃料の種類、型式指定番号、類別区分番号、有効期間の満了日、その他(備考等)


常に車内に搭載している書類であるため、車を売る際にわざわざ準備する必要はありません。

万が一、車検証を紛失してしまった場合は再発行手続きを実施しなければいけません。


ちなみに再発行手続きは、普通車の場合はナンバーを管轄する陸運局(運輸局・支局)で、軽自動車の場合はナンバーを管轄する軽自動車検査協会で手続きを行います。





自動車税納税証明書


自動車税の納税が正しく行われているかを確認するための証明書です。毎年5月に管轄の自動車税事務所や都税総合事務センターから自動車税納税通知書と一緒に送付されてきます。

自動車税は毎年4月1日の時点でその車の所有者(もしくは使用者)に対して納税義務が発生します。

車を売却する際には購入者に自動車税納税証明書を引き渡す必要があります。購入者側にとっては売買取引が成立した後、自動車税納税証明書を受け取ることで自動車税の未納年度が発覚したなどのトラブルを未然に防ぐことができます。


自動車税納税証明書を紛失してしまった場合は陸運局(運輸局・支局を含む)の近辺にある自動車税管理事務所や各都道府県の税事務所に車検証と印鑑を持参して再発行手続きをすることができます。





実印


実印とは住民登録をしている市区町村の役所や役場に、あなた自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請して受理された印鑑のことです。

普通自動車を売却する際は実印が必要となります。軽自動車を売却する場合は認印でも構いません。





印鑑証明書


実印であることを証明するための書類が印鑑証明書です。印鑑の登録申請は住民登録をしている市区町村役場へ直接本人が出向き、印鑑登録申請書に印鑑を添えて担当窓口へ申請します。

申請手続き時には実印登録する印鑑と身分証明書、登録費用(300円程度)を用意しておいてください。

車を売却する際は3ヶ月以内に発行された印鑑証明書が必要になります。枚数は2通必要で1通は名義変更に、そしてもう1通は自動車税の権利譲渡に使用します。





自賠責保険証


正式名称は「自動車損害賠償責任保険証明書」といい、自動車の所有者が必ず加入しなければいけない自賠責保険の保険証です。

この自賠責保険証がなければ車を売却することはできません。紛失してしまった場合は加入している保険会社から再発行してもらってください。





自動車リサイクル券


自動車リサイクル券とは、定められたリサイクル料金が支払われたことを証明する預託証明書です。リサイクル料金は車種によって異なっていて、新車購入時に預託金として支払う仕組みとなっています。

自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券を提出する必要があります。

リサイクル券と引き換えに預けておいたリサイクル料金の同額を返してもらえる仕組みになっています。


紛失してしまった場合は自動車リサイクルシステムの公式サイト内の自動車ユーザー向けページにアクセスして「リサイクル料金検索」に移動してください。

検索画面から車台番号などを入力することで「自動車リサイクル料金の預託状況」を確認できます。この検索結果をダウンロートをして印刷することで、リサイクル券の代替として使用することができます。





委任状


車を売却する際に名義変更手続きを買取業者に委任する場合に必要となる書類です。委任状は買取業者側で用意してもらえます。





譲渡証明書


車を譲渡することを証明するための書類です。委任状と同様に譲渡証明書も買取業者側で用意してくれます。





住民票


車検証に記載されている住所と印鑑証明書に記載されている住所が異なる場合に必要となります。

個人単位の住民の氏名や出生年月日、性別、世帯主との関係、住所などが記載されています。

住民票を提出する場合はあなたの住んでいる市町村の役場窓口で住民票の写しを申請してください。申請手続きを行う際は手数料(300円程度)が発生します。





まとめ


いかがでしょうか?車を売却する際にはこれらの書類が必要となるんですね!

ここで誤解をしてもらいたくないのは、買取査定を依頼する際には上記の書類を全て用意する必要はありません。車内に搭載されている車検証があれば無料で査定をしてくれます。

担当者から提示された評価価格に納得して車を売却することを決めた後、正式に売却手続きを実施する際に用意する必要があるのです。

買取査定から売却手続きまでをスムーズに済ませたい場合はあらかじめ用意しておくことをお薦めします。


印鑑証明書などは3ヶ月以内までのものなら有効となるので、空いた時間を利用して事前に申請しておくと良いと思います。







この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp

「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!