高級4ドアセダン!レクサスGSシリーズの買取価格の査定相場

レクサスGSの基本スペック(GS450h)


新車価格帯 サイズ 燃費
7,428,000円~ 全長4,880mm×全幅1,840mm×全高1,455mm 18.2km/L
排気量 最高出力(エンジン) 最大トルク(エンジン)
3.456L 217kW(295PS)/6,000r.p.m. 356N・m(36.3kgf・m)/4,500r.p.m.


レクサスGSシリーズは大型セダンのEセグメントにカテゴライズされている高級車種です。

フラッグシップモデルのLSシリーズに次ぐ上位シリーズの4ドアセダンとしてラインナップされています。





モデルの変遷


レクサスGSシリーズの歴代モデルの変遷を紹介します。

3代目(S19#型)モデル

レクサスGS
2005年から3代目GSが誕生しました。2ドアクーペの「SC430」と同時期に日本国内レクサスの第1弾としてデビューした経緯があります。

デビュー当初はV型8気筒エンジン搭載の「GS430」と、V型6気筒エンジン搭載の「GS350」の2グレードが用意されていました。翌年の2006年には日本国内のレクサス車として初となるハイブリッドシステム搭載の「GS450h」グレードが追加されました。

2007年のマイナーチェンジでエクステリアが変更されると同時にレクサス車としては初めてとなるLEDウインカー内蔵ドアミラーが取り入れられました。


4代目(L1#型)モデル

レクサスGS
2012年から4代目モデルが登場しました。3代目モデルと比較して全高を30mm拡大したことによって居住性がアップしました。

外観に関しては次世代レクサスの共通デザインアイコンである「スピンドルグリル」が採用されています。

ヘッドライトはハイビーム・ロービーム共にHi/Lo LEDヘッドランプを採用して、高い照射性能を実現しました。

2015年に実施したマイナーチェンジでは「IS F」以来8年ぶりとなるセダン型Fパフォーマンスグレードの「GS F」が追加されました。


(※2代目モデルまではアリストの車種名で販売されていたので、このページでの解説は割愛しています)





現行モデルの特徴

レクサスGS

グレード

ガソリンエンジン車では2.5Lの「GS250」と3.5Lの「GS350」がラインナップされています。そしてハイブリッドエンジン車では3.0Lの「GS300h」と4.5Lの「GS450h」がラインナップされています。

また、これらのグレードには全てベースグレード、”I package”、”F SPORT”、”version L”が用意されています。


外観

アグレッシブなフロントフェイスと端正で伸びやかなサイドビューの構成によって、躍動感と品格を表現しています。

レクサス共通のアイデンティティとなっている「スピンドルグリル」はロアにエアダクトを一体化したブレーキ冷却機能を導入しながら、メッキモールやグリル内部の導風形状のバーがアッパーとロア部分で2色が切り替わる仕組みになっています。


室内

インストルメントパネルなどの機能やデザインを高い次元で両立させることによって、本格的なセダンとしての品格を生み出しています。

オーナメントパネルのレーザーカット本杢に関しては、下地にアルミを重ねた天然木をレーザーカットで刻み込み、アルミのラインをシャープに削り出したデザインが採用されています。





レクサスGSシリーズの買取査定相場


レクサスGSシリーズの買取査定を依頼して実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2014年 GS450h “F SPORT” シルバー 2万~3万km 3,850,000円
2014年 GS300h “version L” ホワイトパール 2万~3万km 3,270,000円
2013年 GS450h “F SPORT” ホワイトパール 3万~5万km 4,240,000円
2013年 GS300h “I package” シルバー 2万~3万km 2,850,000円
2012年 GS450h “version L” ブラック 8万~9万km 2,680,000円
2012年 GS350 “version L” ホワイトパール 3万~4万km 3,200,000円
2011年 GS450h “version I” ホワイトパール 8万~9万km 1,645,000円
2009年 GS350 ベースグレード ホワイトパール 10万~11万km 650,000円
2009年 GS350 メテオブラックインテリア ブラック 6万~7万km 1,540,000円
2008年 GS450h “version I” シルバー 3万~4万km 1,610,000円
2008年 GS350 ベースグレード 12万~13万km 420,000円
2007年 GS350 ベースグレード ホワイトパール 13万~14万km 624,000円
2006年 GS350 ベースグレード ブラック 5万~6万km 475,000円
2005年 GS350 ベースグレード ブラック 12万~13万km 514,000円





モデル別の買取相場傾向


レクサスGSシリーズのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(L1#型)

2012年~2013年の平均買取相場は250万円~300万円くらいで推移しています。2014年以降の場合は350万円以上の高価買取が期待できます。

また、3年落ちモデルまでであればディーラーに下取りに出しても高く買い取ってもらえることも多いです。


先代モデル(S19#型)

先代モデルのGSシリーズは登場してから10年近く経過しているので現行モデルよりも大幅に値が落ちてしまいます。デビュー当初の前期タイプの場合は50万円~100万円辺りが平均買取相場となっています。

2010年付近の後期タイプの場合なら100万円~150万円くらいが平均相場となります。





口コミ・体験談


実際にレクサスGSシリーズを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


私はハイブリッドシステムが搭載されている「GS450h “version L”」を買取査定を依頼しました。2012年に購入した車だったのでディーラーではそれほど高く売れないと思い、買取査定を利用しました。GSシリーズではハイブリッドシステム搭載車が人気があるということで、280万円の高値で買い取ってもらうことができました。(49歳・大阪府)


先代モデルのGS350を乗っていたのですが、10年以上経過するので新しい車種に乗り換えるためにインターネットから一括買取査定を申し込みました。10年以上前の車なので、それほど期待はしていませんでしたが、買取査定を依頼した業者の中の1社が85万円という金額を提示してくれました。他の業者は大体60万円前後だったので、一番高い金額を提示してくれた業者に引き取ってもらうことにしました。買取業者によっては査定評価に大きな違いがあるのですね。(52歳・神奈川県)






まとめ


レクサスGSシリーズは一番安価なグレードのGS250のベースグレードでも新車購入価格が550万円以上もするので、買取相場も高額となっています。

しかしその一方で、買取専門店の査定評価の違いによって提示される買取金額に大きな差が生まれるケースが多いです。

そのため、レクサスのような高級車を売却する際は複数の買取専門店に依頼をするようにして、適切な買取価格で買い取ってもらうようにすることが大切です。


ガソリンエンジン車なら「GS350」、ハイブリッドエンジン車なら「GS450h」が中古車市場で人気があります。

さらに”F SPORT”や”version L”グレードの場合は平均相場よりも高く買い取ってもらえることが多いですね!






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!