メルセデスベンツ・Eクラスの買取価格の査定相場

基本スペック「E200 AVANTGARDE」


新車価格帯 サイズ 燃費
6,750,000円~ 全長4,930mm×全幅1,850mm×全高1,455mm 14.7km/L
排気量 最高出力 最大トルク
1.991L 135kW(184PS)/5,500r.p.m. 300N・m(30.6kgf・m)/1,200-4,000r.p.m.


メルセデスベンツ・Eクラスは1985年から登場した歴史ある車種です。

セダンタイプだけでなく、ステーションワゴンや2ドアクーペ、カブリオレなどのさまざまなタイプが用意されています。





モデルの変遷


メルセデスベンツ・Eクラスの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(W124/S124/C124/A124)モデル

メルセデスベンツ・Eクラス
1985年にメルセデスベンツ・Eクラスの初代モデルが誕生しました。ボディタイプは4ドアセダン、5ドアステーションワゴン、2ドアクーペ、2ドアカブリオレ、6ドアリムジンが用意されていました。

日本国内で販売が開始されたのは翌年の1986年からとなります。


2代目(W210/S210)モデル

メルセデスベンツ・Eクラス
1995年から2代目モデルが登場しました。この2代目モデルから楕円形の4灯式ヘッドライトが搭載されました。

フロントサスペンションがW124のストラットからダブルウィッシュボーンに変更され、ステアリングがメルセデスベンツの伝統となっていたボール&ナット式からラック&ピニオン式に変更されました。

室内スペースも拡大され、後席の居住性が大幅に改善されています。


3代目(W211/S211)モデル

メルセデスベンツ・Eクラス
2002年から3代目モデルが登場しました。2代目から採用された楕円形の4灯式ヘッドライトを受け継ぎながらよりエレガントなデザインとなっています。

新プラットフォームが導入されたことでボディサイズが大きくなり、普通車サイズの機械式立体駐車場ではギリギリで、入庫できない駐車場もあります。

2006年8月にマイナーチェンジが実施され、従来モデルまで使用されていたSBCを廃止し通常のブレーキに変更されました。さらに、プリクラッシュセーフティーの強化や各種オプション装備の標準化が実施されました。


4代目(W212/C207)モデル

メルセデスベンツ・Eクラス
2009年から4代目モデルが登場しました。3代目まで採用されていた楕円形の4灯式ヘッドライトからSクラスで導入されている四角型のヘッドライトに変更されました。

同年にはCLKの後継車種のクーペタイプ、翌年の2010年にはステーションワゴン、カブリオレが順次販売がスタートしました。

また、この4代目モデルからハイブリッドカーグレード「「E400 Hybrid」が用意されました。


5代目(W213)モデル

メルセデスベンツ・Eクラス
2016年7月から5代目モデルの販売がスタートしました。

「E200 AVANTGARDE」と「E200 AVANTGARDE Sports」は発表当日より販売を開始していますが、その他のグレードの販売は同年10月からとなっています。





現行モデルの特徴

メルセデスベンツ・Eクラス

グレード

AVANTGARDE(アバンギャルド)とSports(スポーツ)、EXCLUSIVE(エクスクルーシブ)の3タイプが用意されています。

【AVANTGARDE】
「E200 AVANTGARDE」「E200 4MATIC AVANTGARDE」「E200 d AVANTGARDE」

【Sports】
「E200 AVANTGARDE Sports」「E200 d AVANTGARDE Sports」「E250 AVANTGARDE Sports」

【EXCLUSIVE】
「E200 4MATIC EXCLUSIVE」


外観

「AVANTGARDE」「Sports」「EXCLUSIVE」の各タイプ毎に異なるデザインが採用されています。ヘッドライトは二重の眉をイメージしたデザインのフロントランプを備えた新型LED式が導入されています。


室内

メルセデス・ベンツデザインの基本思想となっている「Sensual Purity(官能的純粋)」を具現したデザインが引き継がれています。ダッシュボードに関しては、高精細12.3インチワイドディスプレイを2画面並べて水平方向の流れを強調しています。

ステアリングには世界初というタッチコントロール機能が採用されていて、スマホと同じような操作で簡単に扱えるようになっています。





メルセデスベンツ・Eクラスの買取査定相場


メルセデスベンツ・Eクラスの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2015年 E220 ブルーテック アバンギャルド ブラック 0~1万km 3,872,000円
2015年 E220 ブルーテック アバンギャルド ホワイト 0~1万km 3,666,000円
2014年 E250 アバンギャルド ブラック 0~1万km 3,432,000円
2013年 E250ワゴン アバンギャルド ブラック 2万~3万km 3,274,000円
2013年 E300 4マチック ブルーEF アバンギャルド ブラック 1万~2万km 3,200,000円
2011年 E250ワゴン CGI ブルーEF ホワイト 5万~6万km 1,540,000円
2010年 E250 CGI ブルーEF アバンギャルド ブラック 2万~3万km 2,216,000円
2009年 E300 アバンギャルド ホワイト 4万~5万km 1,995,000円
2007年 E300 アバンギャルドS ブラック 5万~6万km 906,000円
2004年 E500 アバンギャルド ホワイト 6万~7万km 628,000円
2004年 E240ワゴン(ベースグレード) ブラック 9万~10万km 214,000円
2002年 E500 アバンギャルド シルバー 6万~7万km 456,000円
2001年 E240 アバンギャルド リミテッド ホワイト 4万~5万km 50,000円以下
1998年 E240(ベースグレード) ブルー 9万~10万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


メルセデスベンツ・Eクラスのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(W213)

現行モデルは2016年7月に登場した新しいモデルなどで、中古車市場にはまだほとんど流通していません。また、新車に近いコンディションの車両が多いのでディーラーに下取りに出しても十分に高値で売却することができます。


先代モデル(W210/S210)

中古車市場でメインとなっているのはこちらの先代モデルです。平均買取相場としては200万円オーバーで取引されるケースが多いです。高年式でコンディションの良好な車両の場合は300万円を超える高価買取も狙えます。


3代目モデル(W211/S211)

現行モデルの登場によって買取相場が下落しています。100万円を超えるのは難しく、大体30万円~70万円付近が平均買取相場となっています。


2代目以前のモデル

2代目以前のモデルに関してはほとんどニーズが無く、大半の車両は5万円以下の底値から20万円付近で取引されています。但し、初代モデルでコンディションの良い車両はクラシックカーとしてニーズがあり、高値で買い取ってもらえる可能性があります。





口コミ・体験談


実際にメルセデスベンツ・Eクラスを買取専門店に依頼をして、買い取ってもらった方々の口コミ体験談を紹介します。


車検のタイミングに合わせて先代モデルのEクラスを買取専門店に査定依頼をしました。先代モデルはまだまだ人気があるそうで、さらに車両のコンディションも良いという評価を頂き、245万円という高値で買い取ってもらうことができました。ディーラーに下取りに出すよりも高いと思いますね!(50歳・東京都)


2006年式のEクラスからそろそろ新しい車に乗り換えようと思い、スマホから買取査定サービスを申し込みました。購入してから10年以上経過しているので、それほど期待はしていませんでしたが、88万円の値をつけてもらいました。個人的には「50万円を超えれば良いかな・・・」と予想していたので納得して売却することができました。(53歳・福岡県)





まとめ


メルセデスベンツ・Eクラスは新車購入価格が600万円を超える車種ということもあり、買取査定でも高値で取引されています。

3年落ちモデルでコンディションの良い車両は300万円を超えるケースも多々あります。


買取専門店によって買取金額に大きな開きがある場合もあるので、できれば複数の業者に査定を依頼して一番高い金額を提示してくれたところに売約する方法が高く売るための賢い方法だと言えますね!




この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!