プレミアムミニバン!日産エルグランドの買取価格の査定相場

日産エルグランドの基本スペック(350 HighwaySTAR)


新車価格帯 サイズ 燃費
4,125,600円~ 全長4,975mm×全幅1,850mm×全高1,815mm 9.4km/L
排気量 最高出力(エンジン) 最大トルク(エンジン)
3.498L 206kW(280PS)/6,400r.p.m. 344N・m(35.1kgf・m)/4,400r.p.m.


日産エルグランドはプレミアムミニバンとして人気がある車種の一つです。

エレガント志向のデザインでありながらスポーティさも同時に兼ね備えているミニバンで、長距離走行も全然苦になりません!





モデルの変遷


日産エルグランドの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(E50型)モデル

日産エルグランド
1997年に初代エルグランドが誕生しました。当時は最上級の7人乗り「X」、8人乗り「V」、最廉価「J」というグレード構成になっていました。

翌年の1998年からラルゴやセレナで人気があったスポーティーグレード「ハイウェイスター」が追加されます。


2代目(E51型)モデル

日産エルグランド
2002年から2代目モデルが登場しました。グレード体系は「V」「VG」「ハイウェイスター」「X」「XL」の5グレード体系となりました。また、このモデルから両側スライドドアが採用されています。

2004年にマイナーチェンジが実施されました。フロントデザインやリアバンパー、ランプ類等のデザインが変更されました。

さらにリアコンビネーションランプはテールランプとブレーキランプが分離され、ブレーキランプはLEDが取り入れられています。



3代目(E52型)モデル

日産エルグランド
2010年から3代目モデルが登場しました。駆動方式が2代目までのFRからDプラットフォームを用いたFFと4WD(オールモード4X4)になっています。この駆動方式の変更によって低床化と全高の抑制が図られ、車内が広くなりました。

2014年にマイナーチェンジが行われました。「ハイウェイスター」・「ハイウェイスタープレミアム」でフロント周りのデザインが一新されています。

さらにフロントグリルがより大きくなり、そのフロントグリルをクロームメッキで囲むことで押し出し感と高級感を与えています。





現行モデルの特徴

日産エルグランド

日産エルグランドにはさまざまなグレードが用意されています。

1)日産エルグランド
「350Highway STAR Premium Urban CHROME(2WD/4WD)」「250Highway STAR Premium Urban CHROME(2WD/4WD)」「250Highway STAR S Urban CHROME(2WD/4WD」「350Highway STAR Urban CHROME(2WD/4WD)」「350Highway STAR Premium(2WD/4WD)」「250Highway STAR Premium(2WD/4WD)」「250Highway STAR S(2WD/4WD)」「350Highway STAR(2WD/4WD)」「250XG(2WD/4WD)」

2)VIP
「VIP 2列仕様4人乗り 3.5L(2WD/4WD)」「VIP 3列仕様7人乗り 3.5L(2WD/4WD)」

3)ライダー
「ライダー 7人乗り 3.5L(2WD/4WD)」「ライダー 7人乗り 2.5L(2WD/4WD)」「ライダー 8人乗り 2.5L(2WD/4WD)」「ライダーパフォーマンススペック 7人乗り3.5L(2WD)」

4)ライダーブラックライン
「ライダーブラックライン 7人乗り 3.5L(2WD/4WD)」「ライダーブラックライン 7人乗り 2.5L(2WD/4WD)」「ライダー ハイパフォーマンススペック ブラックライン 7人乗り 3.5L(2WD)」


エクステリア

ノーズからボディサイドへダイナミックに流れる線と面の特徴的なデザインの採用や剛性感のあるフロントグリルによる豪華さなどによって、ダイナミックなエクステリアが印象的な車種となっています。

また、ボディサイドからリヤまでをブラックアウトされた窓枠をクロームモールで囲む構造は世界初の試みです。


インテリア

グランドブラックインテリア仕様では、こだわりが感じられるアンバーアクセントとダイヤ型キルティングを施した専用ブラックメタリック本革シートが採用されています。

従来モデルよりも室内高が拡大したことによって、ウォークスルーや鞄を下ろす等の動きがしやすくなっています。前席の頭上空間が格段に広々となり、室内にゆとりが生まれています。

シートスライド機能によって、3列目シート後方のラゲッジスペースの長さが拡大することも可能となっています。





日産エルグランドの買取査定相場


日産エルグランドの買取査定を依頼して実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2014年 HighwaySTAR Premium ホワイトパール 3万~4万km 2,900,000円
2011年 250 XG ブラック 13万~14万km 780,000円
2010年 250HighwaySTAR ホワイトパール 4万~5万km 1,750,000円
2007年 350HighwaySTAR ブラックレザーエディション ブラック 8万~9万km 532,000円
2006年 ライダー S ホワイトパール 7万~8万km 728,000円
2005年 V シルバー 7万~8万km 121,000円
2005年 V エアロ グレー 9万~10万km 157,000円
2004年 HighwaySTAR ホワイトパール 7万~8万km 295,000円
2003年 ライダー ホワイトパール 8万~9万km 83,000円
2002年 HighwaySTAR ホワイトパール 9万~10万km 190,000円
2002年 X ホワイトパール 7万~8万km 68,000円





モデル別の買取相場傾向


日産エルグランドのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(E52型)

3年落ちまでのモデルであれば非常に高値で買い取ってもらうことができます。300万円に近い値が付くことも多いです。前期タイプの場合は150万円~200万円くらいが平均相場となります。


先代モデル(E51型)

車両のコンディションによって査定評価に大きな差が出る傾向があります。

年式が高くてコンディションが良好な車両は150万円近くの金額で売却することが可能ですが、その反面、前期タイプでコンディションが悪い車両の場合は20万円近くになることもあります。


初代モデル(E50型)

初代モデルはほとんど底値で取引されています。人気があるハイウェイスターでコンディションが良ければ、20万円以上の価格で買い取ってもらえる業者も存在します。





口コミ・体験談


実際に日産エルグランドを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


愛車の「HighwaySTAR Premium」を買取専門店に依頼をして査定をしてもらいました。5年落ちモデルだったのでそれほど値は付かないだろうと思っていたのですが、中古車市場でも「HighwaySTAR」のグレードは人気があるようで200万円近い価格を提示してもらいました。もちろん即答で買い取ってもらいましたね!(49歳・神奈川県)


先代モデルのエルグランドなのでディーラーに下取りに出しても高く買い取ってもらえないと思い、買取査定を申し込みました。一社だけでなく複数の業者に依頼をして一番高い価格を提示してくれたところに売ろうと考えました。ほとんどの業者が100万円くらいの査定評価でしたが、その中の一社が125万円という価格を提示してくれました。業者によって査定評価は違うんですね。(45歳・愛知県)





まとめ


日産エルグランドは300万円を超える高級ミニバンなので、買取価格においても高水準で推移しています。

買取相場をチェックする限り、現行モデルは大幅な値崩れをしないので2回目の車検で手放しても十分な価値があり、高い価格で買い取ってもらうことができます。


中でもスポーツグレードの「HighwaySTAR」シリーズは非常に人気があり、通常のグレードよりもさらに高額査定が期待できますね!






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp

「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!