日産ラフェスタ ハイウェイスターの買取価格の査定相場

日産ラフェスタ ハイウェイスターの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
2,206,440円~ 全長4,615mm×全幅1,750mm×全高1,615mm 16.2km/L(2WD)、10.6km/L(4WD)
排気量 最高出力 最大トルク
1.997L 111kW(151PS)/6,000r.p.m. 190N・m(19.4kgf・m)/4,100r.p.m.


日産ラフェスタ ハイウェイスターは、スタイリッシュなエクステリアにスライドドアが搭載されたミニバンです。

乗り心地と経済性も両立させているので、ファミリー層や若い年代の方々に人気がある車種ですね!





モデルの変遷


日産ラフェスタ ハイウェイスターの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(B30型)モデル

日産ラフェスタ

2004年から初代ラフェスタ(ラフェスタJOY)が誕生しました。デビュー当初のグレード体系は「20S」「20M」「PLAYFUL(プレイフル)」の3グレードが用意されていました。

エンジンは軽量化と低速域でのトルクを重視して開発されたMR20DE型直列4気筒2.0Lエンジンを搭載しています。

翌年の2005年からは専用エアロパーツや16インチアルミロードホイールなどが装着された「ハイウェイスター」が新たに追加されました。

2009年にはハイウェイスタートの差別化を鮮明にするため、「20S」「20G」のグレード名称を「JOY X」「JOY G」に改名しています。


2代目(B35型)モデル

日産ラフェスタ ハイウェイスター

2011年から2代目モデルの販売がスタートしました。ラフェスタのグレードはハイウェイスターのみとなり、「JOY」グレードは廃止されました。この2代目ラフェスタ ハイウェイスターはマツダ「プレマシー」のOEM供給車です。

2013年のマイナーチェンジではエンジンに新世代高効率直噴エンジン、トランスミッションに新世代高効率6速ATが導入され、2WD車にはアイドリングストップ機能も搭載されています。

2014年には4WD車にVDC(ビークルダイナミクスコントロール)が標準装備され、グレード体系の見直しが実施され、「ハイウェイスター Jパッケージ」が廃止となりました。





現行モデルの特徴

日産ラフェスタ ハイウェイスター

グレード

標準グレードの「ハイウェイスター」、より装備が充実した「ハイウェイスターG」、最上位グレードの「ハイウェイスターG スプレモ」がラインナップされています。


外観

ワイド&ローフォルムのスタイリッシュなエクステリアにスライドドアが搭載されたミニバンです。

全グレードにアルミホイールとエアロパーツが装備され、ベース車となるマツダ・プレマシーと比較して少し装備が充実しています。


室内

開口幅686mmのスライドドアが導入されているので、狭い駐車場でも乗り降りも快適です。さらに低いフロア高や乗降ステップによってスムーズな乗り降りを実現しています。

シートに関しては左右それぞれ270mmロングスライドするセカンドシートやフレキシブルシートを採用することによって、簡単な操作で様々な状況に対応できるシートアレンジが可能となっています。


走行性能

新世代高効率直噴エンジンと新世代高効率6速ATによって力強いパワーフィーリングと低燃費を両立させています。

さらにアイドリングストップシステムとの融合によって燃費性能が16.2km/L(2WD)・10.6km/L(4WD)という数値を実現しています。





日産ラフェスタの買取査定相場


日産ラフェスタの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2015年 ハイウェイスター G(4WD) ホワイトパール 1万~2万km 1,180,000円
2014年 ハイウェイスター シルバー 2万~3万km 970,000円
2014年 ハイウェイスター G スプレモ シルバー 2万~3万km 880,000円
2012年 ハイウェイスター ホワイトパール 7万~8万km 429,000円
2011年 ハイウェイスター G グレー 8万~9万km 410,000円
2011年 JOY X ブルー 6万~7万km 236,000円
2009年 ハイウェイスター ブラック 4万~5万km 257,000円
2008年 20G ホワイトパール 5万~6万km 354,000円
2007年 20S ホワイトパール 4万~5万km 145,000円
2007年 20S Pセレクション ホワイトパール 10万~11万km 50,000円以下
2005年 20M シルバー 10万~11万km 55,000円
2005年 PLAYFUL ブルー 5万~6万km 83,000円
2005年 ライダー ブラック 9万~10万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


日産ラフェスタのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(B35型)

現行モデルのラフェスタ ハイウェイスターは高値で取引されています。70万円~100万円くらいが平均買取相場となっています。高年式の場合は100万円を超える金額を提示してもらえるケースも多々あります。


先代モデル(B30型)

先代モデルのラフェスタもまだまだ人気があります。前期タイプは底値から20万円程度で推移していますが、後期タイプでコンディションが良い車両の場合は20万円~50万円くらいで取引されています。




口コミ・体験談


実際に日産ラフェスタを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


ラフェスタ ハイウェイスターから他の車種に乗り換えるためにスマホを使って買取査定を依頼しました。入力する項目も少なくて簡単に申し込むことができました。手続き終了後、担当のオペレーターの方から連絡があり、査定日を決定します。私は平日仕事で忙しいので土曜日にしてもらいました。走行距離が少なくてボディにも大きなキズなどがないということで65万円で買い取ってもらうことができました。こんなに高い値段が付くとは思っていなかったので嬉しいですね!(46歳・兵庫県)


先代モデルの「20G」グレードのラフェスタを手放そうと思い、一括買取査定サービスに申し込みました。10年近く経過しているのであまり高値が期待できないと思ったので複数の業者から査定を受けて一番高い金額を提示してくれたところに売ろうと思っていました。ほとんどの業者が10万円以下の金額でしたが、その中の1社が17万円の金額を提示してくれました。1社だけでなく複数の業者に査定を依頼してよかったです。(43歳・石川県)





まとめ


中古車市場における日産ラフェスタは、現行モデルのハイウェイスターに人気が集まっています。コンディションが良い車両なら100万円近い高額査定も十分に期待することができます。

また、先代モデルのラフェスタは買取業者によって査定評価に差が出るケースも多いので、複数業者から査定を依頼する方が得策です。


ナビ付きや特別仕様のラフェスタ ハイウェイスターなら、さらに高額査定が狙えますよ!





この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp

「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!