5ドアステーションワゴン!日産ウィングロードの買取価格の査定相場

日産ウィングロードの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
1,782,000円~ 全長4,440mm×全幅1,695mm×全高1,505mm 17.2km/L
排気量 最高出力 最大トルク
1.498L 80kW(109PS)/6,000r.p.m. 148N・m(15.1kgf・m)/4,400r.p.m.


日産ウィングロードは1996年から続く5ドアステーションワゴンです。

2007年にステージアの生産が終了したことによって、 日産自動車のラインナップの中で唯一のステーションワゴンとなっています。





モデルの変遷


日産ウィングロードの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(Y10型)モデル

日産ウィングロード
初代ウィングロードは1996年に誕生しました。サニー・カリフォルニアとADワゴンを統合するために開発された経緯があります。

マツダの8代目ファミリアワゴンとしてOEM供給されていた車種としても知られています。


2代目(Y11型)モデル

日産ウィングロード
1999年から2代目モデルが登場しました。グレードによって直列4気筒DOHCのQG15DE型とQG18DE型、可変バルブリフト・バルブタイミング機構付SR20VE型の3種類のエンジンが用意されていました。

2001年のマイナーチェンジではフロントマスクと内装のデザインが大きく変更されました。2003年には日産自動車が創立70周年の記念として、「70周年記念特別仕様車」が発売されました。


3代目(Y12型)モデル

日産ウィングロード
2005年から3代目ウィングロードの販売がスタートしました。直列4気筒DOHC 1.5L HR15DE型、および1.8L MR18DE型の2種類のエンジンが用意されています。

2016年には全グレードにリアヒーターダクトやヒーター付ドアミラー、スチール製リアワイパーが標準装備されることになりました。





現行モデルの特徴

日産ウィングロード

日産ウィングロードはワゴン特有の機能を最大限に保ちながら、彫刻的な面構成のエクステリアとなっています。

グレード

標準グレードの「15S」、16インチアルミホイールが標準装備される「15M」「15M V Limited」、バイキセノンヘッドランプが標準装備された「15M authentic」「15M V Limited」、スポーツ仕様の「ライダー」がラインナップされています。


室内

低く幅広いフロントスペースにして、コンパクトワゴンとしての多機能性を重視したデザインが採用されています。インスト上部を楕円型にラウンドさせて若干低く設計することによって奥行が出るだけでなく、左右の幅をより広く感じられるように工夫が施されています。

車室内の空気質に配慮するために室内快適性能「INNER GREEN(インナーグリーン)」を導入することによって、鼻や喉などへの刺激の原因となるホルムアルデヒド、トルエン等の揮発性有機化合物を低減させています。





日産ウィングロードの買取査定相場


日産ウィングロードの買取査定を依頼して、実際に買取専門店から提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2012年 15B ホワイトパール 11万~12万km 492,000円
2011年 18G シルバー 6万~7万km 176,000円
2010年 15M ブラック 6万~7万km 195,000円
2009年 15M authentic シルバー 2万~3万km 557,000円
2007年 15RX エアロ ブルー 5万~6万km 59,000円
2006年 ライダー ホワイトパール 6万~7万km 73,000円
2004年 S ホワイトパール 3万~4万km 50,000円以下
2003年 ZXエアロ ブラック 2万~3万km 66,000円
2003年 S 70th2 シルバー 3万~4万km 50,000円以下
2002年 ベースグレード シルバー 9万~10万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


日産ウィングロードのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(Y12型)

現行モデルは2005年から登場していて10年以上も続いているため、年式や走行距離などによって査定評価は大きく異なります。

後期タイプの場合は50万円くらいの買取価格を狙うことができますが、前期タイプになると、10万円程度が平均相場となっています。


2代目以前のモデル

中古車市場では現行モデルがメインとなっているので、2代目以前のモデルはほとんど価値はありません。そのため、5万円以下の底値で取引されるケースが大半です。コンディションの悪い車両であれば値が付かないこともあります。





口コミ・体験談


実際に日産ウィングロードを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


購入してから10年くらい経つモデルで車検が近づいてきたこともあって、新しい車に乗り換えるために買取専門店に査定を依頼しました。ほとんど値が付かないと思っていたのですが、走行距離もそれほど長くなかったので20万円で買い取ってもらうことができました。(46歳・京都府)


少しでも高く買い取ってもらおうと思い、一括買取査定サービスを申し込みました。全部で5社から査定をしてもらうことができました。ほとんどの業者は10万円未満でしたが、その中の一社が15万円という金額を提示してもらうことができました。複数の業者に査定を依頼をして本当に良かったです!(38歳・秋田県)





まとめ


日産ウィングロードは10年くらいモデルチェンジが実施されていないので、買取相場において大きな変動はなく安定している状態が続いています。

中古車市場では16インチアルミホイールが標準装備されている「15M」「15M V Limited」などのグレードが人気です。


モデルチェンジが実施されると、先代モデルの買取相場が下落する恐れがあるので、日産自動車からのアナウンスを定期的に確認してモデルチェンジ前に売却して下さい!




この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!