フラッグシップモデル!スバル・レガシィB4の買取価格の査定相場

スバル・レガシィB4の基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
2,916,000円~ 全長4,795mm×全幅1,840mm×全高1,500mm 14.8km/L
排気量 最高出力 最大トルク
2.498L 129kW(175PS)/5,800r.p.m. 235N・m(24.0kgf・m)/4,000r.p.m.


レガシィB4はスバルが誇るフラッグシップモデルです。

スバル・1000から始まる独自の水平対向エンジンを搭載している4WD車として、国内だけでなく海外でも高い人気がある車種です。





モデルの変遷


スバル・レガシィB4の歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(BC/BF系)モデル

スバル・レガシィB4
スバル・レガシィの初代モデルは1989年に登場しました。ボディ形状は、くさび形をモチーフにしてブリスターフェンダーが装備され、各ピラーを黒色処理することによって、ガラスが連続する航空機のキャノピーを連想させるように工夫されていました。

水冷水平対向4気筒「EJ」型エンジンが搭載されていました。特に「RS」グレードに搭載された「EJ20」ターボエンジンは220psを達成していて、発表当時のクラス最強パワーとして知られていました。


2代目(BD/BG系)モデル

スバル・レガシィB4
1993年から2代目モデルが登場しました。同時期の同クラスの他社車種が3ナンバーの大排気量化路線に傾倒していく中で、レガシィは5ナンバー枠サイズと2.0L以下の排気量を維持しました。

この決断が結果的に他車種との差別化となり、大きく販売台数を伸ばすことに繋がりました。


3代目(BE/BH系)モデル

スバル・レガシィB4
1998年から登場した3打目モデルからFF車は廃止され、全てのグレードが4WD車に統一されました。

そしてワゴンが半年遅れでセダンタイプもラインナップされ、その時に「B4」といブランド名が誕生しました。B4はスポーティグレードのみ(RSK、RS)の設定となり、ツーリングワゴンタイプと差別化されました。

2001年にはビッグマイナーチェンジが実施され、フロントマスクのデザインが大きく変更されて、六連星のエンブレムが復活することになりました。


4代目(BL/BP系)モデル

スバル・レガシィB4
2003年に4代目モデルが登場しました。ヨーロッパ市場に対応と衝突安全性能の向上のために、ボディサイズの全幅を先代から35mm大きくなったことで3ナンバーサイズに変更になりました。

初代モデル以来となるシングルタービンが採用されたことなりました。さらにツインスクロールターボエンジンによって、2,000rpmで30kg・mを超える最大トルクを発生させることに成功しています。


5代目(BM/BR系)モデル

スバル・レガシィB4
2009年から5代目モデルが登場しました。北米市場のニーズに対応するためにボディサイズが拡大され、ゆとりがある室内空間になっています。

電動パーキングブレーキが採用されたことでハンドレバーがなくなり、センターコンソールのレイアウトに余裕が生まれました。

2.0Lエンジンは廃止されることになり、2.5L水平対向4気筒SOHCエンジン、2.5L水平対向4気筒DOHCターボエンジン、3.6L水平対向6気筒DOHCエンジンの3種類が用意されていました。


6代目(BN/BS系)モデル

スバル・レガシィB4
2014年から6代目(現行)モデルが登場しました。ボディサイズは先代よりもさらに大きくなり、北米仕様と国内仕様が共通となり、一本化されることになりました。

Aピラーの付け根部分を前出してキャビンを拡大、さらにドアミラーをショルダーマウント化してフロントパーテーションガラスを追加しました。

その結果、ドアミラー前方の死角を減らすことに成功して前方視認性を向上させています。





現行モデルの特徴

スバル・レガシィB4

ベースグレードの「LEGACY B4」と、装備が充実している「LEGACY B4 Limited」の2種類が用意されています。


外観

フロントはバンパーと一体となったヘキサゴングリルとホークアイヘッドランプが取り入れられています。リアコンビランプはヘッドランプと共通のモチーフが採用されています。

スタイリッシュなデザインが好評でアウトバックと共に2015年度グッドデザイン賞を受賞しています。


室内

ダッシュボードは筒型2眼メーターを採用し、メーターの中央にはEyeSightやSI-DRIVEの作動状況を表示するマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。さらに上級グレードにおいてはメーターリング照明が装備されています。

また、ダッシュボードをソフトパッド化されていて、アームレストのクッション厚を増加させるなどインテリアの品質も向上しています。内装色はブラックとアイボリーの2色展開となっています。


走行性能

2.5Lの新世代BOXERエンジン&新リニアトロニックの導入されています。滑らかで気持ちの良いエンジンフィールを味わいながらスポーティなドライビングを楽しむことができます。

燃費性能にも配慮されいて、全グレードにアイドリングストップ機能が備わっていて、無駄な燃料消費や排出ガスを抑えます。JC08モード燃費では14.8km/Lを達成しています。





スバル・レガシィB4の買取査定相場


スバル・レガシィB4の買取査定を依頼して、実際に買取専門店に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2015年 Limited レッド 0~1万km 2,100,000円
2014年 Limited ブラック 1万~2万km 1,850,000円
2013年 25i シルバー 3万~4万km 1,022,000円
2009年 20GT スペックB ブラック 7万~8万km 520,000円
2009年 25i ブラック 9万~10万km 435,000円
2005年 30R ブラック 5万~6万km 152,000円
2005年 20R Bスポーツ ブラック 4万~6万km 380,000円
2005年 30R アイボリーレザーセレクション ブラック 13万~14万km 127,000円
2004年 20GT スペックB WRリミテッド2004 ブルー 8万~9万km 155,000円
2003年 B4 RSKリミテッドII シルバー 7万~8万km 232,000円
2003年 RSK Sエディション ブラック 6万~7万km 388,000円
2002年 ブリッツェン シルバー 7万~8万km 146,000円
2001年 RSK ブラック 7万~8万km 208,000円





モデル別の買取相場傾向


スバル・レガシィB4のモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(BN/BS系)

2014年から登場した新しいモデルということで非常に高値で取引されています。新車同様のコンディションであれば、200万円前後で買い取ってもらえるケースが多いです。


先代モデル(BM/BR系)

現行モデルが登場したことによって多少は買取相場が下落しましたが、まだまだ高値で買い取ってもらえます。平均相場は40万円~60万円辺りとなっています。年式が高い上級グレードでコンディションが良ければ100万円付近まで狙えることもあります。


4代目モデル(BL/BP系)

登場してから10年以上経過しているモデルですが、20万円~40万円付近が平均相場となっています。もちろんコンディションが良い車両なら50万円くらいの買取金額も狙えます。


3代目以前のモデル

3代目以前もモデルはほとんど価値がなくなっているため、底値(5万円以下)で取引されるケースが大半です。





モデルチェンジの影響


レガシィB4の歴代モデルは5~6年周期でフルモデルチェンジが行われています。

2014年にフルモデルチェンジが実施されたので、あと3~4年くらいは次のフルモデルチェンジは実施されないと予想されています。

そのため、フルモデルチェンジの実施で買取価格が下落する前に売ろうと考えている方も、今の時点ではそれほど焦る必要はありません。





口コミ・体験談


実際にスバル・レガシィB4を買取専門店に依頼して買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


車検が近づいてきたこともあり、先代モデルのレガシィB4から乗り換えようと思って買取専門店に相談して買い取ってもらうことにしました。走行距離が5万km未満で大きなキズなどもなかったので、85万円で買い取ってもらうことができました。買取査定ってCMで伝えているとおり、本当に高く買い取ってくれるんですね!(43歳・静岡県)


購入してから10年以上経過しているレガシィB4を売却するためにスマホから買取査定を依頼しました。ほとんど値が付かないと思ったので、複数の業者に査定してもらえる一括買取査定サービスを利用しました。その結果、特に興味を持ってくれた業者が27万円の金額を提示してくれたんです。こんなに高い値が付くことを想像していなかったのでびっくりしましたが嬉しかったです。(48歳・千葉県)





まとめ


スバル・レガシィB4は現行モデルと先代モデルの評価が高い傾向があります。現行モデルの人気があるのは当然ですが、先代モデルも依然として高い人気を維持しているので高価買取が期待できます。

売却先としてはディーラーへの下取りと買取専門店の2つが挙げられますが、3年落ちまでの現行モデルであればディーラーに下取りに出した方が高く買い取ってもらえるケースが多いです。

その一方で、新車で購入してから4年以上経過するモデルの場合は下取りよりも買取専門店に買い取ってもらう方が高く売れることが多いです。


あなたのレガシィB4の年式によってどちらで売却するかを選んで下さい!





この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!