軽トールワゴン!スバル・ステラの買取価格の査定相場

スバル・ステラの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
1,134,000円~ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mm 31.0km/L(2WD)、27.6km/L(4WD)
排気量 最高出力 最大トルク
0.658L 38kW(52PS)/6,800r.p.m. 60N・m(6.1kgf・m)/5,200r.p.m.


スバル・ステラは2006年から販売されている軽トールワゴンです。

女性をターゲットにして開発された車種で、乗り心地に加えて、ベビーカーの載せやすさやチャイルドシートの付けやすさなどに重点が置かれています!





モデルの変遷


スバル・ステラの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(RN系)モデル

スバル・ステラ
スバル・ステラは2006年に誕生しました。外観に関しては、標準モデルはシンプルなデザイン、一方のカスタムは専用のグリルやバンパー、4灯式プロジェクターヘッドライト、大型フォグランプなどが採用されていました。

2007年7月には特別仕様車「LX HID selection」とカスタムグレードの「RS S-EDITION」が発売されました。同年11月の一部改良ではフロントシートのデザイン変更や助手席下のアンダートレーが追加されました。

2008年5月にはスバル発売50周年を記念して「REVESTA S」を追加、そして特別仕様車「L Limited」と「カスタムR Limited」も発売しました。


2代目(LA100/110系)モデル

スバル・ステラ
2011年5月から2代目モデルが登場しました。この2代目からは自社生産は行わず、ダイハツ・ムーヴをベースにしたOEM供給車となります。

2012年12月にマイナーチェンジが実施され、軽自動車では初めてとなる衝突回避支援システム「スマートアシスト」が採用されました。さらにリアコンビランプのLEDブレーキランプを「ステラ」グレードは12灯式、「ステラカスタム」グレードは20灯式に変更しました。

2014年5月には特別仕様車「G」「GS」「カスタムR type S」「スマートアシストα」を発売しました。


3代目(LA150/160系)モデル

スバル・ステラ
2014年12月からOEM供給元のスズキ・ムーヴのフルモデルチェンジに伴い、3代目ステラの販売がスタートしました。

2016年6月には一部改良が実施されました。新グレードとして一部の装備をシンプル化した「カスタムF」を追加されました。その一方でステラの「GS」と「GS スマートアシスト」グレードが廃止されました。





現行モデルの特徴

スバル・ステラ

グレード

「ステラ」と「ステラカスタム」の2体系となっています。

【ステラ】
スタンダードグレードの「L」、上位グレードの「G」がラインナップされています。

【ステラカスタム】
2016年に追加された新グレードの「F」、プレミアムグレードの「R」、ターボエンジン搭載のスポーツグレード「RS」がラインアップされます。

なお、全てのグレードでスマートアシスト機能の有無を選択することができるようになっています。


スバル・ステラ
(ステラカスタム)


外観

「ステラ」はフロントグリルをダークメタリック塗装とメッキ加飾を施した3本ラインデザインが採用されています。「ステラカスタム」ではフロントグリルをスモーク調のアクリルタイプとして差別化を図っています。

また、「ステラカスタム」では2トーンカラーも選択することができます。


室内

視認性が良い2眼ルミネセントメーターが採用されています。軽自動車でありながら室内長が2,080mm確保されて、大人4人が乗車してもストレス無くゆったりと座ることができます。

さらに乗り降りが楽になるように前後のドアは90度開閉する設計になっています。


走行性能

最小回転半径が4.4mとなっているので、狭い駐車場や縦列駐車、車庫入れなどもスムーズに実施できます。

エンジンは自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が用意されています。自然吸気エンジンの方は「DOHC 3気筒12バルブエンジン」が搭載されていて、低燃費が特徴で2WD車31.0km/L、4WD車は27.6km/Lを実現しています。

ターボエンジンの方は力強い加速が魅力となっていますが、燃費も良く、2WD車は27.4km/L、4WD車は25.6km/Lを実現しています。





スバル・ステラの買取査定相場


スバル・ステラの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2015年 カスタムRS スマートアシスト ホワイトパール 0~1万km 975,000円
2014年 カスタムRS スマートアシストα グレー 1万~2万km
2014年 G スマートアシスト ホワイトパール 1万~2万km 788,000円
2012年 L リミテッド アイドリングストップ ブラック 5万~6万km 245,000円
2011年 L ホワイトパール 7万~8万km 122,000円
2011年 L ブラックインテリアセレクション ブラウン 10万~11万km 79,000円
2009年 カスタムR ブラック 7万~8万km 228,000円
2009年 リベスタ ブラウン 2万~3万km 162,000円
2009年 LS シルバー 4万~5万km 108,000円
2008年 LX レッド 3万~4万km 119,000円
2008年 L ブラック 3万~4万km 198,000円
2007年 カスタムRS シルバー 7万~8万km 243,000円
2007年 カスタムRS Sエディション ブルー 6万~7万km 291,000円
2006年 L ゴールド 6万~7万km 106,000円





モデル別の買取相場傾向


スバル・ステラのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(LA150/160系)

2014年12月から販売がスタートした新しいモデルなので、新車に近い価格(100万円前後)で買い取ってもらうことができます。現行モデルの場合はディーラーに下取りに出しても十分高値で売却することができます。


先代モデル(LA100/110系)

現行モデルが登場したことで先代モデルの買取査定相場は下落しています。平均買取相場としては大体10万円~30万円付近で推移しています。


初代モデル(RN系)

初代モデルは自社生産されたモデルということで、中古車市場ではまだまだ人気が高いです。平均買取相場は5万円以下の底値から30万円前後と、先代モデルとほとんど同程度の相場水準となっています。




口コミ・体験談


実際にスバル・ステラを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。

子供が大きくなってきたのでステラから新しい車に乗り換えるために、買取査定専門店に査定を依頼しました。初めて買取査定サービスを利用したのですが、担当のスタッフの方が非常に親切でスムーズに手続きを済ませることができました。買取価格は24万円でした。2009年式のステラだったので、20万円を超える金額を提示してもらえて満足して売却することができました^^(39歳・神奈川県)


デビューした頃に購入したステラをそろそろ売ろうと思い、スマホから買取査定サービスを申し込みました。申し込み手続きは取っても簡単で、車種名や年式、グレード、走行距離、連絡先などを入力するだけでした。初代モデルのステラは中古車市場で人気があるそうで、10年近く経過しているにも関わらず、18万円で買い取ってもらうことができました。ディーラーに下取りに出したらもっと安かったと思いますね!(36歳・山梨県)





まとめ


スバル・ステラは女性をターゲットにした車種で、セカンドカーとしても人気があります。

そのため、新車だけではなく中古車でも購入したいというニーズがあり、軽自動車の中では比較的高値で取引されています。


現行モデルのステラの場合はエクステリアが充実している「ステラカスタム」グレードや特別仕様車などが平均買取相場よりも高価買取が期待出来ますね!






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!