リーズナブルな価格設定が魅力!スズキ・アルトの買取価格の査定相場

スズキ・アルトの基本スペック(G・2WD)


新車価格帯 サイズ 燃費
847,800円~ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,500mm 37.0km/L(2WD)、33.2km/L(4WD)
排気量 最高出力 最大トルク
0.658L 38kW(52PS)/6,500r.p.m. 63N・m(6.4kgf・m)/4,000r.p.m.


アルトはスズキを代表する車種の一つで、80万円台から購入できるリーズナブルな価格設定が魅力的です。

アルトシリーズ(アルト、アルトターボRS、アルトラパン)が2016年RJCカーオブザイヤーと2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」をダブルで受賞しました。





モデルの変遷


スズキ・アルトの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(SS30V/40V型)モデル

スズキ・アルト
スズキ・アルトの歴史は古く、初代モデルは1979年から販売がスタートしています。新車購入価格を47万円に設定されていました。

当時の軽自動車ではあり得ないような低価格で大量のバックオーダーを抱える人気車種となりました。


5代目(HA12S/22S/23S型・12V/23V型)モデル

スズキ・アルト
1988年の軽自動車規格改正に伴ってフルモデルチェンジが実施され、5代目モデルが登場しました。軽自動車規格の改正でボディサイズは拡大されましたが、最小回転半径は4.2メートルに抑えられていました。

2000年のマイナーチェンジでフェイスリフトが実施され、さらにエンジンは全グレードでオールアルミ製のK6A型DOHCエンジンに統一されることになりました。


6代目(HA24S/24V型)モデル

スズキ・アルト
2004年から6代目モデルが登場しました。5代目モデルに引き続いてマツダに「キャロル」としてOEM供給していました。

2006年にマイナーチェンジが行われ、「E」と「X」のグレード車にはフロントグリルの形状が変更され、さらにウインカーの位置がフロントバンパー上部に移設することになりました。


7代目(HA25S/25V/35S型)モデル

スズキ・アルト
2009年から7代目アルトの販売がスタートしました。先代の6代目モデルで廃止となっていたVVTが再搭載されることによって、インテークマニホールドの形状変更することで給気効率がアップしました。ボディデザインの評判も上々で、2009年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

2011年には低燃費仕様モデルの「アルトエコ」が追加され、「ECO-L」と「ECO-S」の2グレードが設定されることになりました。


8代目(HA36S/36V型)モデル

スズキ・アルト
2014年から8代目モデルが登場しました。翌年には、5代目モデル以来となるターボ車「ターボRS」を追加発売されることになりました。

2016年に原点回帰を目指したハイテク軽量構造となっているマニュアル仕様のアルト・ワークス」が登場しました。運転するドライバーの意思をダイレクトに伝える操作感とこだわり抜いたドライビングフィールが特徴のモデルです。





現行モデルの特徴

スズキ・アルト

スズキ・アルトでは、「F」「L」「S」「X」「VP」の4つのグレードが用意されています。

具体的には5MT仕様の「F」、CVTとエネチャージが搭載されている「L」、全面UVカットガラスやリアワイパーなどの装備が充実している「S」、最上級グレードの「X」、商用車バン仕様の「VP」となています。



外観

スズキ・アルト
デザインに関してはボディやホイールベース、キャビンの美しい全体のバランスを追求することによって完成しました。特にバックドアは特徴的で、ハイライトや陰影にもこだわって、表面の美しさを繊細に表現されています。

フロントガラスには全グレードにUVカット機能付きガラスが採用されています。


室内

新プラットフォームが採用されたことによって、エンジンルームが最小化され、室内長はクラストップレベルとなり、軽自動車でありながらゆったりとした室内となっています。

前席のヒップポイントが高めに、ドア開口部を低めに設定していることで、無理のない姿勢で乗り降りができるように工夫されています。


燃費性能

RO6A型エンジンを大幅に改良することによって高効率化を追求した結果、ガソリン車トップレベルの37.0km/L(2WD・CVT車)の低燃費を実現しています。





スズキ・アルトの買取査定相場


スズキ・アルトの買取査定を依頼して、実際に買取専門店から提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2015年 S 4WD レッド 0~1万km 715,000円
2015年 L ブラック 2万~3万km 328,000円
2014年 X 4WD レッド 0~1万km 625,000円
2014年 S シルバー 0~1万km 569,000円
2012年 F ホワイトパール 3万~4万km 224,000円
2010年 X ブルー 3万~4万km 237,000円
2009年 E2 ブラウン 2万~3万km 124,000円
2007年 E ピンク 7万~8万km 50,000円以下
2006年 G ホワイト 4万~5万km 63,000円
2006年 G スペシャル シルバー 5万~6万km 132,000円
2005年 X ブラウン 9万~10万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


スズキ・アルトのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(HA36S/36V型)

現行モデルは2014年に登場したばかりなので、50万円以上の高値で買い取ってもらえることもあります。3年落ちまでならディーラーの下取りでも高く売ることができます。


7代目モデル(HA25S/25V/35S型)

20万円~30万円辺りが走行距離が平均的な買取相場です。短くコンディションが良い車両なら、40万円付近まで狙うことが可能です。


6代目モデル(HA24S/24V型)

中古車市場においては7代目や8代目モデルにニーズが集まっているため、ほぼ底値を提示されるケースが多いです。走行距離が多すぎたり、キズや汚れが目立つ場合は買値が付かないこともあります。





口コミ・体験談


実際にスズキ・アルトを買取専門店に買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


10年くらい乗り続けた愛車のアルトから他の車種に乗り換えようと思い、買取専門店に査定を依頼しました。一般的に自動車は10年で価値がなくなると言われているので値が付かないかもしれないと思っていたのですが、実際には15万円で買い取ってもらうことができました!(35歳・長崎県)


スマホでいろんなサイトを見ていたら、一括買取査定サービスを利用するのがお得だという情報を知って、試しに申し込んでみました。申し込み後、複数の業者から連絡があり査定日を調整するところからスタートします。複数の業者に査定を受けることで一番高く評価をしてくれたところに売ることができるので、結果として高く売ることができる仕組みになっているのですね。私のアルト(2011年式)は28万円で売却することができました^^(33歳・静岡県)





まとめ


スズキ・アルトは軽自動車ということで、セカンドカーとして購入を検討するユーザーも多いです。中には新車ではなく中古車を購入しようとするケースも多いので、買取相場は比較的安定しています。

他の車種よりもグレードによる差が付きにくい傾向があるので、少しでも高く買い取ってもらいたいなら日頃からしっかりとメンテナンスを施しておきましょう。


アルトの場合は走行性能に優れた4WDタイプの方が査定評価が高くなる傾向がありますよ!




この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!