4WDオフロード軽自動車!スズキ・ジムニーの買取価格の査定相場

スズキ・ジムニーの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
1,296,000円~ 全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,680mm 14.8km/L(5MT)、13.6km/L(4AT)
排気量 最高出力 最大トルク
0.658L 47kW(64PS)/6,500r.p.m. 103N・m(10.5kgf・m)/3,500r.p.m.


スズキ・ジムニーは軽自動車としては珍しいオフロードタイプの4WD車です。

ちなみに車種名のジムニーはジープ(Jeep)型のミニという意味を込めて、「Jeep」「Mini」「Tiny」の3つの言葉を組み合わせて名付けられました。





モデルの変遷


スズキ・ジムニーの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代モデル

スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニーの歴史は古く、初代モデルは1970年に誕生しました。軽自動車初の本格4WDオフロード車として登場し、前後リジッドアクスル、16インチホイール、2速のトランスファーなど、ジープ同様の本格的な構成となっていました。

当時の日本市場の四輪駆動車はトヨタのランドクルーザーや日産のパトロール、三菱のジープといった大型車のみであっため、ジムニーは注目を集めました。


2代目モデル

スズキ・ジムニー
1981年から2代目ジムニーが登場しました。無骨なデザインの初代モデルとは異なり、女性ドライバーも意識したデザインに変更されました。

工具不要で簡単に前倒しができる幌モデルのフロントウインドシールドやトリップメーター付きの距離計、柔らかくなったリーフスプリングなど、乗用車からの乗り換えでも問題なく運転できるように改良されました。



3代目モデル

スズキ・ジムニー
1998年から3代目ジムニーの販売がスタートしました。先代モデルまでの箱型のプロポーションから丸みを帯びたデザインに変更されています。一般乗用車のように、パワーウインドウや集中ドアロック、エアバッグ、ABSなども装備されています。

2001年に特別仕様車「ジムニー・ランドベンチャー」が販売されました。2004年のマイナーチェンジではインパネ部分のトランスファーの切り替え方法がレバー式からスイッチ式に変更されました。





現行モデルの特徴

スズキ・ジムニー

グレード

標準グレードの「XG」と上位グレードの「XC」がラインアップされています。どちらのグレードにも5MTと4ATが用意されています。


室内

シートアレンジが可能で、リヤシートのシートバックを前に倒すだけの動作で簡単に後部座席が積載空間へと変わります。


走行性能

「DRIVE ACTION 4×4」が採用されていて、状況や好みに合わせて自由に2WDと4WDを選択することができます。街中を走行するときには2WDに、林道や砂利道などを走行するときには4WDに切り替えることでシーンに合わせて適切な走行が可能となります。

「XG」と「XC」のどちらのグレードにも高性能DOHCインタークーラーターボエンジンが搭載されていて、力強い加速感に加えて車内への振動や草案を低減しています。





スズキ・ジムニーの買取査定相場


スズキ・ジムニーの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2016年 ランドベンチャー ホワイトパール 0~1万km 1,214,000円
2015年 ランドベンチャー ブラック 1万~2万km 1,115,000円
2014年 XC ブラック 1万~2万km 880,000円
2013年 ランドベンチャー グレー 1万~2万km 1,185,000円
2013年 クロスアドベンチャーXC ブラック 1万~2万km 1,243,000円
2011年 クロスアドベンチャー ブラック 4万~5万km 881,000円
2010年 ランドベンチャー ブラック 11万~12万km 415,000円
2008年 ワイルドウインド ブラック 8万~9万km 437,000円
2005年 XC シルバー 6万~7万km 274,000円
2003年 ワールドカップリミテッド ホワイトパール 12万~13万km 175,000円
2001年 XL ホワイト 5万~6万km 236,000円
2000年 XC シルバー 14万~15万km 132,000円
1999年 XC ホワイト 10万~11万km 74,000円
1996年 ワイルドウインド シルバー 11万~12万km 153,000円
1995年 ランドベンチャー 14万~15万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


スズキ・ジムニーのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル

現行モデルは1998年に登場しているということもあり、中古車市場に流通しているジムニーの大半はこの現行モデルが占めています。2014年式までの車両でコンディションが良ければ100万円を超える高値で買い取ってもらえることが多いです。

5年落ちモデル以前の平均買取相場としては、30万円~50万円近辺となっています。2004年のマイナーチェンジ以前の車両の場合は10万円~20万円辺りが平均相場となります。


先代以前のモデル

先代以前のモデルに関しては中古車市場ではほとんどニーズがないので、5万円未満の底値~10万円くらいで取引されるケースが多いです。コンディションが悪い車両の場合は買値が付かないこともあります。





口コミ・体験談


実際にスズキ・ジムニーを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


10年以上前に購入したジムニーを手放して新しい車に乗り換えるために買取査定を申し込みました。少しでも高く売るために一括買取査定サービスを利用しました。複数の業者と連絡を取り合うのは少し手間取りましたが、査定日を同じ日にまとめたので短い期間で査定手続きを済ませることができました。肝心の買取金額に関してですが、25万円という一番高い査定評価をしてくれた業者に買い取ってもらうことにしました。(45歳・広島県)


愛車のジムニー・ランドベンチャーを買取専門店に買い取ってもらいました。ランドベンチャーは人気があるグレードのようで5年以上前の車でしたが、68万円という査定金額を提示して頂きました。50万円くらいを予想していたので、喜んで手放すことにしました!(42歳・静岡県)





まとめ


スズキ・ジムニーはリーズナブルな価格で販売されている4WD車ということで、セカンドカーとして購入する人や、自分の好みにカスタマイズして楽しむコアなユーザーも多いです。

そのため中古車市場でも人気があり、買取査定相場においても値下がりし難い車種として知られています。

新車で購入してから10年以上経過している場合でも、しっかりとメンテナンスを実施している車両なら20万円~40万円付近で買い取ってもらうことも十分に可能です。


ジムニーにおいては上位グレードの「XC」や特別仕様車の「ランドベンチャー」が人気で高価買取が期待できますね!






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!