高価査定が期待できる!トヨタ・アルファードの買取価格の査定相場

トヨタ・アルファードの基本スペック(ハイブリッド車)


新車価格帯 サイズ 燃費
4,155,055円~ 全長4,915mm×全幅1,850mm×全高1,895mm 18.4km/L
排気量 最高出力 最大トルク
2.493L 112kW(152PS)/5,700r.p.m. 206N・m(21.0kgf・m)/4,400~4,800r.p.m.


トヨタ・アルファードは大型LLクラスのミニバン型高級車で、中古車市場で非常に人気がある車種として知られています。

最近ではベンツやクラウンなどの高級セダンよりもアルファードなどの高級ミニバンを選択する方々が増えてきていますね!





モデルの変遷


初代モデル

トヨタ・アルファード
アルファードの初代モデルは2002年にグランドハイエースとグランビアの後継車種として登場しました。

全グレードにパワーウインドウ付き両側スライドドアやイージークローザーシステム、リモコン開閉可能なパワーウインドウを装備されています。

さらにはリモコンパワースライドドアや日本車初のパワーバックドアが設定された車種としても知られています。

インパクトのある洗練されたエクステリアが特徴のエルグランドとは対照的に、アルファードは木目と革を豊富に取り入れた豪華なインテリアと押し出しの強いエクステリアが採用されています。



2代目モデル

トヨタ・アルファード
2代目モデルは2008年に登場しました。シャシーはエスティマと同様のものが採用されていますが、エスティマの上級車種という位置づけとなっているので、3.5Lモデルに重点が置かれています。

特に「350G Lパッケージ」と「350S Cパッケージ」では上級仕様のキャプテンシート「エグゼクティブパワーシート」が導入されています。

2011年9月にマイナーチェンジを実施してフロント周り、リアガーニッシュ、バックランプのデザインが変更され、従来モデルよりも力強い外観に生まれ変わりました。さらに内装ではスピードメーターのデザインやシート表皮、木目調色に変更したことで高級感もアップしました。



3代目モデル(現行モデル)

トヨタ・アルファード
2015年に3代目モデルが登場しました。ミニバンとしてではなく、高級車として開発されました。

フロントデザインにはロアグリルが一体となったメッキ加飾の大型フロントグリルが採用され、より特徴的なデザインとなっています。

洗車などによる小さなすり傷を自己修復するセルフリストアリングコートを全カラーに採用しています。





現行モデルの特徴

トヨタ・アルファード

トヨタ・アルファードの現行(3代目)モデルはハイブリッドモデルとガソリンモデルが用意されています。

ハイブリッドモデルとガソリン車モデルはどちらも最上級グレード「HYBRID Executive Lounge」、エアログレード「HYBRID SR」、上級グレード「HYBRID G」、基本グレード「HYBRID X」などがラインナップされています。

室内は厳選した素材をふんだんに活用されてまるで工芸品のような味わいのあるデザインとなっています。シートに関してはロングスライドレールを採用することで、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能となりました。

ハイブリッド車の燃費は18.4km/Lを達成しています。静粛性も抜群で振動を抑制するバランスシャフトの採用やシリンダーブロックの高剛性化などによって先代モデルよりも振動や騒音を低減しています。





アルファードの買取査定相場


実際にトヨタ・アルファードを買取専門店に依頼をして提示された査定価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2014年 240S Cパッケージ ブラック 1万~2万km 2,928,000円
2012年 240S タイプゴール ホワイトパール 5万~6万km 1,978,000円
2012年 240S ブラック 5万~6万km 2,435,000円
2010年 240S プライムセレクション2 ブラック 7万~8万km 1,334,000円
2009年 350G ブラック 9万~10万km 1,648,000円
2008年 350S Cパッケージ ホワイトパール 6万~7万km 1,928,000円
2007年 AS プラチナセレクショ ホワイトパール 8万~9万km 632,000円
2006年 AS リミテッド ホワイトパール 8万~9万km 481,000円
2005年 MS ブラック 8万~9万km 741,000円
2003年 AX Lエディション ホワイトパール 9万~10万km 115,000円





モデル別の買取相場の傾向


トヨタ・アルファードのモデル別の買取相場の傾向は下記のとおりです。

3代目モデル

2015年のフルモデルチェンジ後からまだ間もないため、新車購入価格に近い価格で買い取ってもらえることができます。


2代目モデル

走行距離が10万km未満で、外装や内装に大きなキズ・凹み・汚れがないコンディションの良い車両は100万円の値が付くことが多いです。また、メーカー純正のナビやサンルーフなどのオプションが付いている車両であれば、200万円を超える査定評価を受けることもあります。


初代モデル

10年落ちの初代モデルは50万円前後で取引されることが多いです。しかし、コンディションが良く、走行距離も10万km未満であれば70万円程度の買取価格となることもあります。





口コミ・体験談


実際にトヨタ・アルファードを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


5年落ちのアルファードを買取査定してもらいました。インターネットで色々調べていると1社だけでなく複数の業者に依頼する方が高く売れるということで私も一括査定サービスを利用することにしました。実際に査定士さんが評価をしているところと見ていたのですが、どの業者も大体同じようなところをチェックしていましたね。それでも業者によって買取価格は大きな開きがありました。私のアルファードは走行距離が5万km未満ということもあって200万円を超える価格で買い取ってもらうことができました。(48歳・埼玉県)


初代モデルで走行距離も10万kmを超えていたので、下取りでは値段が付かないと思い、ダメ元で買取査定を依頼しました。中古車市場ではアルファードは人気がある車種の一つみたいで、高値で買い取ってもらえるというとでした。最終的には45万円で売却することができました。買取査定に依頼してよかったです!(44歳・広島県)





まとめ


トヨタ・アルファードは高級車なので、新車ではなく少し値が落ちた中古車を狙う方々も多いです。コンパクトカーなどと比較して流通量が少なく、中古車市場では非常に人気が高い車種となっているため、買取相場でも高値で取引されています。

特に3年落ち未満の高年式モデルは中古車とは思えないくらいの高い査定価格が付くことが多いです。中でもメーカーオプションのナビやエアロパーツ、サンルーフが付いている車両はさらにプラス査定をゲットできる傾向があります。


2015年にフルモデルチェンジが実施されましたが、先代モデルの買取相場はそれほど下落していません。高値で売買されているのでアルファードを売却するなら買取業者に依頼することをお薦めします!




この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!