ステーションワゴン!トヨタ・カルディナの買取価格の査定相場

トヨタ・カルディナの基本スペック(1.8L)


新車価格帯 サイズ 燃費
販売終了 全長4,510mm×全幅1,740mm×全高1,445mm 15.6km/L
排気量 最高出力 最大トルク
1.794L 97kW(132PS)/6,000r.p.m. 170N・m(17.3kgf・m)/4,200r.p.m.


トヨタ・カルディナはミドルクラスのステーションワゴンです。

操縦性と乗り心地の良さを両立させていて、幅広い層から人気がありましたね!





モデルの変遷


トヨタ・カルディナの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(T190G/V型)モデル

トヨタ・カルディナ
1992年にトヨタ・カルディナの初代モデルが誕生しました。10代目コロナをベースにして開発されました。乗用モデルのエンジンは4S-FE型と、3S-FE型のハイメカツインカム、2C型ディーゼルエンジンが搭載されていました。

1996年のマイナーチェンジでは1,800ccのエンジンが4S-FE型から7A-FE型(リーンバーンエンジン)に変更されることになりました。


2代目(T210G/W型)モデル

トヨタ・カルディナ
1997年に2代目モデルが登場しました。この2代目モデルからディーゼルエンジン搭載車が2,200ccディーゼルターボに変更され、さらにスポーツグレードとして「GT」と「GT-T」が新たにラインアップされました。

2000年に実施されたマイナーチェンジでは前後のバンパーの大型化され、デザイン変更によって全長が55mm延長されました。グレードに関しては「GT」が4WD車のみから2WD車(FF)が追加されました。


3代目(T240W型)モデル

トヨタ・カルディナ
2002年に3代目カルディナの販売がスタートしました。全幅が1,740mmとなったことで全グレードが3ナンバーとなりました。また、2代目モデルまで用意されていたディーゼルエンジン搭載車は廃止され、ガソリンエンジン車のみのラインナップとなりました。

2005年のマイナーチェンジでラジエーターグリル、フロントバンパー、ヘッドライト、フロントスポイラー、テールライトなどのデザインが変更されました。

2007年6月に生産が終了しました。





最終モデルの特徴

グレード

1.8Lシリーズと2.0Lシリーズが用意されていました。

【1.8L】
「X」「Z」「Z Lエディション」「Z Sエディション」

【2.0L】
「Z」「ZT」「GT-FOUR」


外観

弾丸のようなデザインを取り入れていて、フロントガラスからリア部分へのルーフの曲線に特徴があります。





トヨタ・カルディナの買取査定相場


トヨタ・カルディナの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2007年 GT-FOUR ブラック 5万~6万km 445,000円
2007年 Z シルバー 7万~8万km 348,000円
2007年 ZT(4WD) レッド 4万~5万km 284,000円
2006年 ZT シルバー 5万~6万km 214,000円
2006年 Z Lエディション ブラック 14万~15万km 74,000円
2005年 ZT シルバー 13万~14万km 50,000円以下
2003年 ZT グレー 6万~7万km 388,000円
2002年 G ブルー 9万~10万km 50,000円以下
2001年 Z Lエディション ホワイト 17万~18万km 50,000円以下
2001年 GT-T ブラック 7万~8万km 110,000円
2000年 GT-T ブルー 6万~7万km 96,000円





モデル別の買取相場傾向


トヨタ・カルディナのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

最終モデル(T240W型)

中古車市場でメインとなっているのが最終モデルです。特に最終年の2007年式のコンディションが良い車両は人気があり、30万円~50万円前後で取引されることが多いです。

平均買取相場としては10万円~30万円近辺で推移しています。


先代以前のモデル

先代以前のモデルに関してはほとんどニーズがなく、5万円未満の底値から10万円付近で取引されるケースが大半です。





口コミ・体験談


実際にトヨタ・カルディナを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


10年ほど前から乗っているカルディナ(グレード「Z」)を売却して新しい車種に乗り換えるために買取査定を申し込みました。インターネットから簡単に手続きができました。実際に査定を受けた時も30分程度で終了しましたね。10年前の車なのであまり期待はしていませんでしたが、27万円の金額を提示してもらえました。買取査定を依頼して良かったです!(38歳・埼玉県)


私は少しでも高く売りたかったので一括買取査定サービスを利用しました。複数の買取業者から査定を受けることができるので、その中から一番高い金額を提示してくれた業者に売ることができる点が便利だと思います。査定を依頼したほとんどの業者から10万円以下でしたが、その中の一社が16万円を提示してくれました。もちろんその業者に売却しましたよ♪(43歳・静岡県)





まとめ


トヨタ・カルディナは生産が終了して10年近く経過しますが、最終モデルの高年式でコンディションが良好な車両はまだまだ高値で取引されるケースが多いです。

その一方で最終モデルであっても前期タイプの場合や、2代目以前のモデルの場合はほとんど底値付近で取引されているので、少しでも高く売りたいなら一括買取査定サービスを利用して一番高い金額を提示してくれた業者に売却することをお勧めします。


最終モデルであれば、1.8Lシリーズなら「Z Lエディション」「Z Sエディション」、2.0Lシリーズなら「GT-FOUR」などのグレードが平均買取相場よりも高価買取が狙えますよ!







この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!