高級4ドアセダン!トヨタ・クラウンマジェスタの買取価格の査定相場

トヨタ・クラウンマジェスタの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
6,330,000円~ 全長4,970mm×全幅1,800mm×全高1,460mm 18.2km/L
排気量 最高出力 最大トルク
3.456L 215kW(292PS)/6,000r.p.m. 354N・m(36.1kgf・m)/4,500r.p.m.


トヨタ・クラウンマジェスタは、「THE TOP OF CROWN」というキャッチフレーズで販売されているクラウンシリーズのトップに君臨する高級4ドアセダンです。

現行モデルからV8エンジンが廃止され、全グレードでハイブリッドシステムが搭載されることになりました。





モデルの変遷


トヨタ・クラウンマジェスタの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(S140型)モデル

クラウンマジェスタ
初代クラウンマジェスタは1991年に誕生しました。兄弟車種であるアリストのシャシーを共有してしました。

クラウンに搭載されている直列6気筒3,000ccとセルシオに搭載されているV型8気筒4,000ccの2種類のエンジンが用意されていました。

1993年のマイナーチェンジではフロントグリルやリアコンビネーションランプのデザインが変更されました。さらにクロムメッキドアハンドルを採用しています。


2代目(S150型)モデル

クラウンマジェスタ
1995年に2代目モデルが登場しました。初代モデルよりも直線的なデザインに変更され、ベースカラーも暗色系のツートーンカラーが採用されました。

1997年に実施されたマイナーチェンジでは、フロントグリルの変更とディスチャージヘッドランプが採用されました。


3代目(S170型)モデル

クラウンマジェスタ
1999年に3代目クラウンマジェスタの販売がスタートしました。クラウン同様にプラットホームが変更され、ハードトップからドアサッシュを持つセダンに生まれ変わりました。

4.0Lと3.0Lの両グレード共にベースグレードのAタイプ、上位グレードのCタイプの2種類がラインナップされていました。


4代目(S180型)モデル

クラウンマジェスタ
2004年から4代目クラウンマジェスタが登場しました。先代モデルまで採用されていた王冠を模した「クラウンエンブレム」を使用していましたが、この4代目代より「トヨタエンブレム」に変更になりました。

エンジンに関しては直列6気筒3.0L搭載グレードがなくなり、セルシオやソアラなどと共通の3UZ-FE型V型8気筒DOHC4.3Lのみのラインナップとなっていました。


5代目(S200型)モデル

クラウンマジェスタ
2009年に5代目モデルが登場しました。ボディサイズは拡大されましたが、レクサスLSよりも小さなサイズで以前販売されていたセルシオと同じような大きさになりました。

AタイプとLパッケージを除いたグレードでは、クラウンハイブリッドで採用されているファイングラフィックメーターがメーカーオプションで装着可能になりました。


6代目(S210型)モデル

クラウンマジェスタ
2013年から6代目クラウンマジェスタの販売がスタートしました。初代モデルから使用されていたマジェスタ専用ボディは廃止となり、14代目クラウン・ロイヤルのホイールベースを延長した車体を共有することになりました。

そして今まで独立車種としてラインナップされていたのですが、この6代目モデルから車種名が「クラウン」に代わり、クラウンの中のシリーズ名の一つという位置づけとなりました。

2014年にはトヨタで初めてとなるハイブリッドフルタイム4WD車「マジェスタFour」が発売されました。





現行モデルの特徴

クラウンマジェスタ

グレード

標準グレードの「マジェスタ」と装備が充実している「マジェスタ“Fバージョン”」、4WDタイプの「マジェスタ Four」がラインナップされています。


外観

今までのマジェスタのアイディンティーとなっていた縦型リアコンビネーションランプは廃止になりました。

フロントマスクに関してはグリルのバーをマジェスタ伝統の縦バーに変更し、フロントバンパー下部へのクローム加飾を追加しています。


室内

クラウンシリーズ愛好の静粛性を実現していて、室内に入り込むノイズを低減しています。

さらに後席シートヒーターや電動式リヤサンシェードなど、様々な快適装備を採用しています。


走行性能

ハイブリッド専用V6 3.5Lエンジンが搭載したことによって力強いトルクによるゆとりのある走行性能や静かで滑らかな走行感覚を実現しています。

気になる燃費性能は18.2km/Lを達成しています。(※2.5Lハイブリッドエンジンの場合は19.0km/L)





クラウンマジェスタの買取査定相場


トヨタ・クラウンマジェスタの買取査定を依頼して、実際に提示されたを紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2014年 Fバージョン シルバー 2万~3万km 3,840,000円
2013年 ベースグレード ホワイトパール 3万~4万km 3,150,000円
2013年 i-Four ブラック 5万~6万km 1,625,000円
2012年 Aタイプ Lパッケージ シルバー 5万~6万km 1,700,000円
2011年 Gタイプ ブラック 3万~4万km 1,920,000円
2009年 Aタイプ シルバー 15万~16万km 697,000円
2007年 Cタイプ ブラック 10万~11万km 517,000円
2006年 Aタイプ ホワイトパール 7万~8万km 165,000円
2005年 Cタイプ ホワイトパール 7万~8万km 785,000円
2004年 Cタイプ ブラック 6万~7万km 512,000円
2003年 Aタイプ ブラック 7万~8万km 127,000円
2001年 Aタイプ グリーン 16万~17万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


トヨタ・クラウンマジェスタのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

現行モデル(S210型)

現行モデルは査定評価が非常に高く、250万円~300万円くらいの範囲で買い取ってもらえるケースも多いです。

3年落ちモデルまでならディーラーに下取りに出しても十分高値で売却することができます。


先代モデル(S200型)

先代モデルでもまだまだ高値で買い取ってもらえることができます。平均買取相場としては100万円~130万円くらいの範囲となっています。

高年式のモデルであれば150万円~200万円くらいの高値が付くケースもあります。


4代目モデル(S180型)

中古車市場のニーズは現行モデルと先代モデルに集中しているので、4代目モデルの買取査定相場は下落しています。平均相場としては50万円~80万円前後で推移しています。


3代目以前のモデル

3代目以前のモデルの場合は、5万円未満の底値から20万円付近で取引されるケースが多いです。





口コミ・体験談


実際にトヨタ・クラウンマジェスタを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


3回目の車検が近づいてきたタイミングで先代モデルのクラウンマジェスタを手放そうと思い、買取査定を申し込みました。スマホから簡単に申し込み手続きを済ませることができました。走行距離が5万km未満でボディにも大きなキズがなかったのでプラス評価をしてもらい、155万円で買い取ってもらうことができました。(52歳・神奈川県)


10年近く前に購入したクラウンマジェスタ・Cタイプを売却するために買取専門店に連絡をして査定を受けることにしました。長年乗っていた車なので、ほとんど価値がないと思っていたのですが、63万円の高値で売却することができました。ディーラーに下取りに出してもこんなに高く買い取ってもらえなかったと思います。(56歳・広島県)





まとめ


トヨタ・クラウンマジェスタは新車購入価格が600万円を超える高級車なので、買取相場も高値で推移しています。10年以上前のモデルであっても50万円近い金額で買い取ってもらえるケースも多々あります。

3年落ちまでのモデルであればディーラーに下取りに出しても高く売れますが、新車で購入してから5年以上経過する場合は買取専門店に買取査定を依頼する方が高く売れることが多いです。


購入後の年月に応じて売却先を選択することがクラウンマジェスタを賢く売るためのポイントとなります!




この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!