人気のミニバン!トヨタ・エスティマの買取価格の査定相場

現行モデルのスペック


【2WD・3.5L(ガソリン車)】
新車価格帯 サイズ 燃費
2,878,691円~ 全長4,815mm×全幅1,820mm×全高1,745mm 9.7km/L
排気量 最高出力 最大トルク
3.456L 206kW(280PS)/6,200r.p.m. 344N・m(35.1kgf・m)/4,700r.p.m.


【ハイブリッド(アエラス)】
新車価格帯 サイズ 燃費
4,157,018円~ 全長4,815mm×全幅1,820mm×全高1,760mm 18.0km/L
排気量 最高出力 最大トルク
2.362L 110kW(150PS)/6,000r.p.m. 190N・m(19.4kgf・m)/4,000r.p.m.


トヨタ・エスティマの特徴は何と言っても2列目シートの居住性です。国産ミニバンのトップクラスの評価を獲得しています。

中古車市場でも人気がある車種で、コンディションが良い車両なら高額査定が期待できますよ^^





モデルの変遷



初代モデル

トヨタ・エスティマ
1990年にエスティマの初代モデルが登場しました。卵型の丸みを帯びた印象的なデザインが話題を呼びました。

大らかな乗り味やバランスの良いハンドリングが特徴で、ミニバンを運転していることを忘れさせるような快適性で人気がありました。



2代目モデル

トヨタ・エスティマ
2代目モデルが登場したのは2000年に登場しました。初代モデルの卵型のデザインを踏襲しながら、FF(前輪駆動)方式に変更されたことで、初代モデルよりも大型のエンジンを搭載することに成功しました。

また、FF駆動方式に変更されたことで低床化が可能となり、着座位置を下がり居住性が向上しました。

さらにこの2代目モデルから両側スライドドア、センターメーターを採用されたことでも知られています。


ハイブリッドタイプ

2001年からハイブリッドタイプが新たにラインナップされました。ミニバンでは国内初となるハイブリッドカーとして話題になりました。

搭載されているハイブリッドシステムTHS-C(Toyota Hybrid System-CVT )は、前輪を駆動させるアトキンソンサイクルの2AZ-FXE型が採用されていて、エンジン動力はCVTを活用して前輪のみに伝えられる仕組みとなっています。





現行モデルの特徴

トヨタ・エスティマ

現行モデルが3代目となります。基本的には2代目のデザインを踏襲していますが、ヘッドランプに涙目デザインを採用して精悍な外観となっています。

流線型のグラマラスなフォルムが評判を呼び、グッドデザイン賞を受賞しています。

一方のインテリアデザインは線基調で広がり感のあるデザインが採用されました。室内シートに関しては2列目のリラックスキャプテンシートをスライドさせると、しっかりと足を伸ばせるスペースが確保されています。





買取価格の査定相場


トヨタ・エスティマを実際に買取専門店で査定をした方々の買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2013年 アエラス ブラック 2万~3万km 1,402,000円
2011年 アエラス Gエディション ホワイトパール 4万~5万km 1,458,000円
2009年 ハイブリッドX シルバー 11万~12万km 763,000円
2008年 アエラス Gエディション ブラック 2万~3万km 1,233,000円
2008年 ハイブリッドG パープル 6万~7万km 1,193,000円
2007年 アエラス Gエディション グレー 5万~6万km 459,000円
2007年 G ホワイトパール 3万~4万km 735,000円
2006年 ハイブリッドX シルバー 12万13万km 323,000円
2005年 アエラス プレミアム ナビスペシャル ブラック 9万~10万km 127,000円
2004年 ハイブリッド Gセレクション グリーン 6万~7万km 124,000円
2004年 アエラス プレミアム ブラック 8万~9万km 215,000円
2003年 アエラス Sエディション パールホワイト 11万~12万km 50,000円以下





モデル別の査定相場の傾向


現行モデル

トヨタ・エスティマは中古車市場でも人気がある車種なので、3年落ちモデルの場合であれば200万円を超える高値で査定をしてもらえるケースが多いです。5年落ちモデルになると、大体150万円くらいが相場になるのではないでしょうか?


中でも「アエラスGエディション」は買取業者の間でも高値で取引がされていて、さらにナビゲーションシステムが搭載されている車両はプラス査定の期待が高まります。


先代モデル

2000年に登場した先代モデルですが、最終モデルで走行距離が10万キロ未満の場合であれば、50万円程度で買い取ってもらえるケースがあります。

その一方で前期モデルになると買取評価は低くなり、底値の10万円~20万円程度となることが多いです。


初代モデル

初代モデルは登場してから20年余り経過しているので、買取価格に関してはコンディションが良い車両でも底値で10万円程度が良いレベルといえます。走行距離が多くてコンディションがそれほど良くない車両は買取価格が付かないケースもあります。





モデルチェンジの影響


現行モデルは登場してから10年程度も経過しているので、モデルチェンジによる価格変動はありません。

しかし2016年6月に大規模なマイナーチェンジが実施されます。さらに2018年までに新型エスティマが登場すると言われています。

これらのモデルチェンジが実施された後は乗り換え需要などで、現行モデルが中古車市場に数多く流通する傾向があるので、専門家の間では査定相場が下落することが予想されています。





口コミ・体験談


実際にトヨタ・エスティマを買取専門店で売却した方々の口コミ情報を紹介します。

ファミリーカーとしてエスティマを利用していたのですが、そろそろ新しい車種に買い換えようと思って買取査定を依頼しました。複数の買取業者から電話がかかってきて驚きましたが、親切に対応してくれたのでそれほど気にならなかったですね。私は6年落ちのモデルを運転していたのですが、80万円近くの価格で買い取ってもらえることができました。(42歳・大阪府)


私はエスティマのハイブリッドXを買い取ってもらえました。一括査定サービスで申し込んだのですが、その中でも特に熱心に査定をしてくれた業者さんに買い取ってもらうことにしました。実際には他の業者の方が2万円ほど高い価格を提示してくれたのですが、対応してくれた査定士さんの人柄が気に入って売ることにしました。買取価格はもちろん大切ですが、気持ちよく売ることが出来るかということも大切だと思いますね!(48歳・埼玉県)





まとめ


トヨタ・エスティマの現行モデルは10年経過しているのですが、中古車市場でも安定した人気を維持している車種の一つです。

特に年式が高くて走行距離が短い車両であれば、多くの買取業者から高い査定評価を受けることができます。

その一方で7年以上経過してしまうと、高い査定評価を受け難くなってくるので、売却を検討している場合はできる限り早めに買い取ってもらうようにしてください。



エスティマは2016年6月にマイナーチェンジを実施します。さらにその2年後の2018年にフルモデルチェンジも予定されていて、その後は買取価格も下落すると予想されるので、できればフルモデルチェンジの時期までに買い取ってもらうのが賢い売却方法だと言えますね^^






この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!