ミドルクラスセダン!トヨタ・ウィンダムの買取価格の査定相場

トヨタ・ウィンダムの基本スペック


新車価格帯 サイズ 燃費
販売終了 全長4,865mm×全幅1,810mm×全高1,455mm 9.8km/L
排気量 最高出力 最大トルク
2.994L 158kW(215PS)/5,800r.p.m. 299N・m(30.5kgf・m)/4,400r.p.m.


トヨタ・ウィンダムはFF駆動方式のミドルクラスセダンです。現在は販売されておらず、2006年に生産が終了しています。





モデルの変遷


トヨタ・ウィンダムの歴代モデルの変遷を紹介します。

初代(VCV10・VCV11)モデル

トヨタ・ウィンダム
1991年に初代モデルが誕生しました。米国版カムリ「セプター」のプラットフォームをベースにして作られたピラードハードトップ型を採用していました。

1994年のマイナーチェンジでは「2.5」グレードに装備を充実させた「2.5G」グレードを新たにラインナップしました。

翌年の1995年には「2.5」グレードをベースとした特別仕様車「2.5 LEXTER(レクスター)」が販売されました。


2代目(MCV20・MCV21)モデル

トヨタ・ウィンダム
1996年から2代目ウィンダムが登場しました。初代モデルのコンセプトが受け継がれたため、エクステリアのイメージなどはそれほど変わりません。

エンジンに関してはアバロンに搭載されていた「1MZ-FE」型V6 2,994ccと新開発の「2MZ-FE」型V6 2,496ccが用意されていました。

1999年に実施されたマイナーチェンジで、ヘッドライトをハロゲン式から自動照射角度調整機能付のHIDディスチャージヘッドランプへ変更。さらにフォグランプをクリアレンズ化して、フロントバンパーやフロントグリル、テールランプのデザインも変更しました。


3代目(MCV30)モデル

トヨタ・ウィンダム
2001年に3代目モデルが登場しました。この3代目からトヨタの大型セダンと同様のドアサッシュがあるセダンとなりました。

2004年のマイナーチェンジではフロントとリアのパーツデザインが変更され、さらに快適装備が追加されました。

2006年に生産終了となりました。





3代目モデルの特徴


グレード

「3.0X」「3.0X ブラックセレクション」「3.0G」「3.0G ブラックセレクション」「3.0G リミテッドエディション」「3.0G リミテッドエディション ブラックセレクション」がラインナップされていました。


外観

2代目モデルよりもボディに厚みが増し、彫りの深さと曲面を多用した彫刻的なデザインが採用されました。リア部分に関してもスポーティーな印象が深まりました。


室内

独立3眼メーターやゲート式のシフトレバーなどを採用することでスポーティーな印象にまとまっています。シフトレバー部分からドアトリムまでに伸びる木目調パネルによって質感もアップしています。

ホイールベースが50mm長くなり、全高も50mm高くなったことで居住性が向上しました。





トヨタ・ウィンダムの買取査定相場


トヨタ・ウィンダムの買取査定を依頼して、実際に提示された買取価格を紹介します。


年式 グレード カラー 走行距離 査定額
2006年 3.0G リミテッドエディション ブラック 5万~6万km 285,000円
2004年 3.0G リミテッドエディション ブラックセレクション レッド 4万~5万km 149,000円
2003年 3.0G リミテッドエディション ブラックセレクション ワイン 6万~7万km 53,000円
2003年 3.0G ホワイトパール 7万~8万km 146,000円
2002年 3.0Gブラックセレクション ホワイトパール 2万~3万km 88,000円
2001年 3.0G リミテッドエディション シルバー 3万~4万km 64,000円
2000年 2.5G コーチエディション ホワイトパール 8万~9万km 50,000円以下





モデル別の買取相場傾向


トヨタ・ウィンダムのモデル別の買取相場傾向は下記のとおりです。

最終モデル(MCV30)

マイナーチェンジ後の後期タイプなら15万円~35万円前後が平均買取相場となっています。前期タイプの場合は5万円以下の底値から15万円近辺が平均買取相場となります。


先代以前のモデル

先代以前のモデルはほとんどニーズがなく、5万円以下の底値で取引されるケースが多いです。





口コミ・体験談


実際にトヨタ・ウィンダムを買取専門店に依頼をして買い取ってもらった方々の口コミ情報を紹介します。


10年以上前に購入したウィンダム(3.0G リミテッドエディション)から新しい車種に乗り換えようと思い、買取査定を利用しました。初めて買取査定サービスを利用したのですが、想像していたよりも簡単でしたね。10万円を超えれば良いと思っていたのですが、実際には21万円で買い取ってもらうことができました。ディーラーに下取りに出したらこんなに高くは売れなかったと思います。(46歳・福井県)


ウィンダムからの乗り換えを考えていたところ、偶然一括買取査定サービスの広告を見かけたことがきっかけです。無料で査定を受けられるということで試しに申し込んでみました。複数の業者から連絡があって驚きましたが、査定日を一日にまとめたことでそれほど時間をかけずに査定を受けることができました。一括買取査定サービスは一番高い金額を提示してくれた業者に売却すればよいので、価格交渉などをする必要が無いのが個人的には良かったですね!(39歳・広島県)





まとめ


トヨタ・ウィンダムは10年以上前に生産が終了した車種なので、中古車市場ではそれほど人気はありません。

その中でも最終モデルでマイナーチェンジ後の後期タイプは比較的高額査定が期待できます。

少しでも買取価格を引き上げたいなら、一括買取査定サービスを利用して複数の買取専門店から査定を受けることをお薦めします。


最終モデルの場合は「3.0G ブラックセレクション」「3.0G リミテッドエディション」「3.0G リミテッドエディション ブラックセレクション」などのグレードを所有している場合は平均買取相場よりも高値で買い取ってもらえる可能性が高いですよ!







この記事が役に立ったらSNSでシェアお願いします

愛車を賢く・高く売るなら一括査定サービス

 

安心車.jp
「たくさんの査定金額から最高額を選択する」ことが賢く・高く売るためには最適な方法です。

完全無料で最大10社があなたの愛車を一括査定してくれます。たった1分で入力が完了するので申し込み手続きも簡単です。

もちろん査定金額に納得することができなければキャンセルをすることも可能です!